メルキュレ レ モン ルージュ 2015 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 赤ワイン S 格安,限定SALE
貴重すぎる赤! 『フェラーリが造った軽トラ』 として、その品質の高さで、絶大な人気を誇る、ヴィレーヌのアリゴテ。 看板ワインはアリゴテですが、 毎年、極少量入荷する、赤ワイン&白ワイン も、毎年、待ちわびていらっしゃる方も少なくないため、ご紹介後瞬く間に売り切れてしまいます。 その希少キュベの2015年もの が、ごく少量ですが入荷しました〜! ごくごく少量入荷の物もありますので、 既に完売の際はご了承下さいm(_ _)m INFORMATIONNameMercurey Les Montots Rouge Domaine de Villaineブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ド ヴィレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・シャロネーズ/メルキュレRegionFrance/Bourgogne/Cote Chalonnaise/Mercurey内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ロマネ・コンティの共同経営者である『ヴィレーヌ氏』が、 ブルゴーニュ地方の『コート・シャロネーズ地区』で造る!! ご覧になりましたか? 最新号『ワイナート誌49号』の、『DRC特集』。 ワイン界の最高峰に君臨する、DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)。その魅力、その存在理由のひとつひとつが詳細に綴られた、読み応えのある内容になっています。 読み進めていくと、その特集のひとつに、あの、DRCオーナー、オベール・ド・ヴィレーヌ氏の経営する、もうひとつのドメーヌ、AetPド・ヴィレーヌの『フェラーリが作った軽トラ』ブーズロン・アリゴテの記事を発見! タカムラでは、2005年ヴィンテージから皆様にご紹介させて頂いていますが、今に至るまで、ずっと気になっていた事があります。 『明らかに、前とは違う。暫く飲んでいなかった数年間に、このアリゴテに何か変化があったはず…』 その謎が、遂にこの特集で、 明らかになったのです! 『ワイナート誌49号』より 【今夜の夕食で、試してみない?】 『白飯』+『スダチ』+『白ワイン』のマリアージュ =騙されたと思ってお試しください= スダチを一搾り するだけで、香り+酸味が米の甘さに ハマります。 好みで塩を ここにはアリゴテ種で勝負。酸味の中に丸い甘みが存在しアタックもソフト。 オーナーは、 ロマネ・コンティ社の共同経営者 です。 (『LEON誌』2009年7月号より) 2016-08-11 『フェラーリが作った軽トラ!』 ヴィレーヌに念願の訪問♪ 『フェラーリが造った軽トラ!』 で知られる、AetPド・ヴィレーヌに、念願の訪問を果たしました! DRCオーナー、ド・ヴィレーヌ氏の所有であり、甥で自らの実家もワイナリーという、ブノワ氏が手掛けるヴィレーヌ。 いつかは訪問してみたいと思いながら、日本でブノワ氏に会ってから、もう4年もの歳月が過ぎ、やっとの訪問です。 訪問当日、ブノワ氏はワイナリーのお仕事真っ最中でしたが、丁寧に対応して下さいました。 やはり造り手さんは、ご自身のホームグラウンドで会うのが一番輝いています。 元々、ヴィレーヌが誕生したのは、ヴィレーヌ氏がDRCを継ぐ前に、父親から『自分のドメーヌを持ち、造り、経営を学びなさい。』と、言われた事がきっかけで、1971年にスタートしたそうです。 そしてこの庭で、まずはビオロジックを実践、その後、畑に広げて行ったとか。 それでは、セラーに移動し、試飲です♪ 白は大樽、赤は小樽での醸造という違いはあるものの、基本的には、手摘み、厳しい選歌、自然酵母の発酵、瓶詰め時は最小限のSO2使用など、 という一貫した考えで手掛けられています。 昨年完成した、このセラーは、湿度を保ち、酵母の働きを妨げぬよう、設計には黄金律も採用したりと、人為的ではなく、環境を整える考え方が、ヴィレーヌらしさを感じさせます。 熟成中の2015を、アリゴテから始まり、赤のラインナップまで試飲しました。 アリゴテは盤石の美味しさ!そのあと、フレッシュだけでない、2012のアリゴテを飲ませて頂いたのですが、ギュッと旨みが詰まった味わいに、この地で育つ、アリゴテのポテンシャルを再認識。 タカムラでも2013年を発売中のヴィレーヌの新作リュリー・ブラン一級グレジニーは、2011年に購入した畑で、樹齢80年という貴重な畑だとか。 スタートの2011年に雹害で生産できないという困難に遭ったそうで、2012年が初ヴィンテージ。ブノワ氏もその畑のポテンシャルを、とても気に入っているようです。 骨格のある味わいに、80年の深みを感じました。 その後飲んだ赤もまた、白同様『あー、やっぱりヴィレーヌ、美味しい♪』と、思わずにはいられない美味しさ。 それぞれのキュベが、それぞれの個性を豊かに表現。生産量が少ないのだけが残念です… ビン詰前の、いわゆる成長中のワイン達も、しっかりヴィレーヌらしさを感じさせてくれました。 念願のヴィレーヌ訪問は、必要な設備以外なにもない、簡素なセラーに、 メルキュレ レ モン ルージュ 2015 ドメーヌ ド ヴィレーヌ 赤ワイン S 格安,限定SALE
ムルソー 2015 ブシャール ペール エ フィス ドメーヌ 白ワイン 激安大特価,品質保証
INFORMATIONNameMeursault Bouchard Père & Filsブドウ品種シャルドネ生産者名ブシャール・ペール・エ・フィス産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー 2015 ブシャール ペール エ フィス ドメーヌ 白ワイン 激安大特価,品質保証
ブルゴーニュ ブラン 2015 パスカル クレマン 白ワイン tp 超激得,限定セール
■《ルー デュモン》仲田晃司さんもおすすめ!■ 白のルー・デュモン? 〜推薦のことば〜 パスカルとは、2014年にロンドンで開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」の会場で初めて会い、すぐに仲良くなりました。年も近く、ネゴシアン運営の苦労話などで盛り上がりました。以降、ブルゴーニュ委員会が各国で企画するアメリカ、カナダ、ノルウェー、スウェーデンの試飲会に一緒に参加したりしています。パスカルは和食が大好きで、カナダでは和食を食べたいがために2人で一緒に町中をさまよいました(笑)。 私たちはともにゼロからネゴシアンを立ち上げ、僕がコート・ド・ニュイの赤、彼がコート・ド・ボーヌの白を中心に造っています。現在、生産量も同じくらいで、いつも共感を覚え、また、刺激を受けています。(注:2016ヴィンテージは「ルー・デュモン」約140樽、「パスカル・クレマン」約150樽)。 醸造に関してはお互い企業秘密も多くほとんど話はしませんが(笑)、営業面においては、各国のワイン市況、インポーターの情報など、携帯でいつも情報交換しています。 温厚で楽しく、一緒にいて気持ちが暖かくなるような男です。とにかく美味しい食事が大好きで、美食に対する探求心に溢れています。彼のワインは、口当たりはとてもピュアできれいですが、大きな構造をもっています。なによりもミネラルをとても多く含んでおり、美食家の彼らしい、美味しい料理をさらに美味しくする白だなといつも思います。 『白のルー・デュモン』ですか・・・(笑)。僕も、『赤のパスカル・クレマン』と呼ばれるように頑張ります!(笑)。いつの日か、一緒に試飲会とかできたら最高ですね。 仲田晃司 INFORMATIONNameBpurgogne Blanc Pascal Clementブドウ品種シャルドネ生産者名パスカル クレマン産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《大注目》 このブルゴーニュは、 只者ではありません! 先日、タカムラにご来店頂いた、素敵な造り手… 『パスカル・クレマン』 ブルゴーニュで、 長熟白ワイン として代表的な造り手である《コシュ・デュリ》で、4年間の勤務経験があり、ワイン造りの哲学やテクニックの全てを学び、醸造長を務めた『ドメーヌ・ベルヴィル』などでの経験を活かし、2011年に、サヴィニー・レ・ボーヌ村で 自身のメゾンを設立 。 信頼あるプロフェッショナルなブドウ栽培家からブドウを購入&醸造し、17樽(=5,100本)からスタート。 年々好評を博し、4年目の今、125樽の生産と、 急成長中&大注目の造り手 なんです。 本拠地サヴィニー・レ・ボーヌには、赤&白ブドウ用の畑を0.5haずつ購入したそうで… 『畑の価格は、本当に上がっているよ。畑を買ってくれたら、 タカムラ用にワインを造ろうか!? 』 な〜んて、冗談と本気が入り混じったような話もしつつ(笑)、色々とお話を伺いました。 初来日のパスカル氏、滞在中に、日本人シェフが作るフレンチの料理と、パスカル氏の白ワインとの、 抜群の調和 を体感されたようで、『和』のテイストが入ったフレンチとも、 相性がいい と、驚きのご様子! 『酸とミネラルを大切にし、ブドウの個性を最大に活かす』 をモットーとし、極力 ナチュラルな製法 で醸造されるパスカル・クレマンのワインは、集中力があり、良質のブドウを使っているという事をヒシヒシと感じるほど、ブドウの力を感じます!! ブルゴーニュ・ブランは、ピュリニー・モンラッシェ、サヴィニー・レ・ボーヌ、ルイィの各区画より、 平均樹齢50年 の、上質なブドウを厳選され、立体感のある味わい。 ムルソーに関しては、樽を使っているものの、樽の風味よりは、ブドウそのものから伝わる 『リッチ感』 を堪能でき、上質なムルソーの魅力を存分に味わえます。 そんな話をしていると、パスカル氏から… 『手元に届いてから、1ヶ月でも置くと風味が違うから、 是非、落ち着かせて飲んでみて 。』 と、教えて頂きました。 複雑性を持った味わいは、もちろん、 更に長熟させるポテンシャルも充分! コシュ・デュリでの経験 を見事に生かしたそのセンスは、只者ではありません!! 実は、今回お会いする前に、彼のワインを飲んだ時から、すっかり私も夢中です♪ 『野望は沢山あるけれど、1人でできる範囲は限られているので、未来に向けて、少しずつチャレンジしていく。』 と、明るい未来と可能性を秘めた、今後が非常に楽しみな《パスカル・クレマン》 この コスト・パフォーマンスの高さ 、是非、実感してください! ■《ルー デュモン》仲田晃司さんもおすすめ!■ 白のルー・デュモン? 〜推薦のことば〜 パスカルとは、2014年にロンドンで開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」の会場で初めて会い、すぐに仲良くなりました。年も近く、ネゴシアン運営の苦労話などで盛り上がりました。以降、ブルゴーニュ委員会が各国で企画するアメリカ、カナダ、ノルウェー、スウェーデンの試飲会に一緒に参加したりしています。パスカルは和食が大好きで、カナダでは和食を食べたいがために2人で一緒に町中をさまよいました(笑)。 私たちはともにゼロからネゴシアンを立ち上げ、僕がコート・ド・ニュイの赤、彼がコート・ド・ボーヌの白を中心に造っています。現在、生産量も同じくらいで、いつも共感を覚え、また、刺激を受けています。(注:2016ヴィンテージは「ルー・デュモン」約140樽、「パスカル・クレマン」約150樽)。 醸造に関してはお互い企業秘密も多くほとんど話はしませんが(笑)、営業面においては、各国のワイン市況、インポーターの情報など、携帯でいつも情報交換しています。 温厚で楽しく、一緒にいて気持ちが暖かくなるような男です。とにかく美味しい食事が大好きで、美食に対する探求心に溢れています。彼のワインは、口当たりはとてもピュアできれいですが、大きな構造をもっています。なによりもミネラルをとても多く含んでおり、美食家の彼らしい、美味しい料理をさらに美味しくする白だなといつも思います。 『白のルー・デュモン』ですか・・・(笑)。僕も、『赤のパスカル・クレマン』と呼ばれるように頑張ります!(笑)。いつの日か、一緒に試飲会とかできたら最高ですね。 仲田晃司 ブルゴーニュ ブラン 2015 パスカル クレマン 白ワイン tp 超激得,限定セール
ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ ベック ア ヴァン 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン 豊富な,お買い得
INFORMATIONNameBourgogne Haute Cote de Nuits Rouge Bec a Vent J.Cacheux et Filsブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック カシュー エ フィス産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 既に名人の域! ブルゴーニュ好きの 強い味方! ブルゴーニュ好き にとって、最大の悩みは、贔屓の造り手の名が挙がるにつれ、入手だけでなく、価格も上がってしまいがちなこと(涙) 『昔は良かった…』 そんな風に、振り返らざるを得ない思いも、あるはず。 でも、そんな中、 確固たる地位 を得つつも、 安定した価格 で、ブルゴーニュ好きの心を捕えて離さない造り手も居ます。 その代表が、 ジャック・カシュー! ブルゴーニュきっての 人気村ヴォーヌ・ロマネ を拠点にしつつ、各キュベ、 価格と品質 のバランスがよく、 毎年安定 した造りで、根強いファンが沢山います!! そんなジャック・カシューを代表する、 最も人気 の1本といえば、ヴォーヌ・ロマネの 特級畑エシェゾー! 毎年、ジャック・カシューを高く評価している『リアルワインガイド誌』も、2008年、そして、特に、エシェゾーに関し、 賛辞 を送っています♪ ■『リアルワインガイド誌31号』より抜粋■ 銘酒エシェゾー は 圧巻の出来 で、エレガンス全盛時代への カウンターカルチャー たるワインと言えるだろう。 そして、今回特に強く思ったことは、パトリスは既に 名人の域 に達したのではないかということ。 味付けの妙といい、味わい バランスの絶妙さ といい、これは名人芸だ。 熟達の職人 のなせるワザだ。 しかも、驚くなかれ、 『銘酒』 と呼ばれ、 エシェゾー なのに、価格は8千円台という、 《超》のつく良心価格! これからの季節、こんなブルゴーニュをお供にゆったり過ごすなんて、 最高ですね♪ ブルゴーニュ好きの 強い味方 、ジャック・カシューです!! ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ルージュ ベック ア ヴァン 2016 ジャック カシュー エ フィス 赤ワイン 豊富な,お買い得
バタール モンラッシェ グラン クリュ 2015 ルイ ジャド 白ワイン tp 人気セール,品質保証
実は、コスパ最強! あの名門 ルイ・ジャド から、誰もが憧れるバタール モンラッシェが入荷しました♪ このクラスのルイ・ジャドって、小さなドメーヌのものに比べて、 圧倒的なコスト・パフォーマンス を誇るのです(^_^)v 例えば、 ラモネのバタール モンラッシェ2015年は、10万円前後 しますよね。 もちろん、ラモネのバタール モンラッシェは素晴らしいのですが、ラモネ1本と、ルイ・ジャド3本のどっちを取るかと言われたら、私は迷わずルイ・ジャドです(笑) いろんな考え方があると思いますが、個人的に、 大好きな造り手 なので、是非、お試し下さい。 一度でも飲めば、そのコスト・パフォーマンスの高さに驚かれると思いますよ! ■burghound.com 67号より抜粋■ Note: from Puligny fruit Producer note: Technical director Frederic Barnier unequivocally described 2015 as a 'great vintage in red and a good one in white. The growing season began with a temperate and humid spring and thank goodness it did because without that rain we would have had real problems given how hot and dry the summer was. Interestingly bud burst wasn't really especially precocious as the beginning of April was cool but as conditions turned ever warmer and drier, the vegetative growth accelerated accordingly. As such the early June flowering was precocious and rapid which contributed greatly to the homogeneity of fruit maturities we enjoyed at the harvest. June remained hot and dry but thankfully we had a storm that dropped 50 to 60 mm of rain right at the end of the month. In my view this one storm did more than anything else to save the harvest because by the middle of a baking hot July we had temperatures climb to 42° C (107.6° F) and it was bone dry. We began to see in certain parcels the phenomenon known as bloquage (hydric stress) and it was responsible for delaying the veraison though it's hard to say exactly for how many days. Thankfully, yet again, August was more moderate because while it remained very warm, it wasn't quite as extreme as July plus we had at least some rain. This also contributed considerably to why the fruit was so balanced in its various components and it also explains why the wines are definitely ripe but not surmature in the fashion that some 2003s and 2009s are. We began picking on the 1st of September with the chardonnay and the conditions were warm and dry and we were able to take our time yet harvest rapidly as the fruit was so clean that it required almost no sorting. Potential alcohols in whites came in between 13.5 and 14% and thus nothing was chaptalized. Yields though were highly variable though on average the reds were off 30% while the whites were off only 5 to 10%. There were no issues with the fermentations though I chose to do almost no lees stirring as it seemed clear from the beginning that the whites would have plenty of richness. In fact I was actually worried about having too much richness and I chose to block the malos on average to 80%. This of course sounds high but in fact there was so little malic acid that it actually made relatively little difference. As to the wines themselves, what I find so interesting is that they aren't really like other wines that were produced by so-called very hot vintages. To be sure they are very generously proportioned but the important thing is that they have retained good freshness and as such remain inviting. I believe that the wines are sufficiently round that they should largely drink well shortly after they're released. Certain terroirs will of course age well but for me, 2015 produced whites of pleasure and immediacy.' I would characterize the quality of the Jadot 2015 as generally consistent with what I found elsewhere. Note that a number of 2014's were also revisited below in bottle. (Kobrand, Inc., www.kobrandwine.com, NY, USA; Hatch Mansfield Ltd., www.hatchmansfield.com, Uncorked Ltd, www.uncorked.co.uk, both UK). Tasting note: Notes of honey, petrol, white orchard fruit and various floral scents serve as an elegant introduction to the caressing and wonderfully seductive big-bodied flavors that display both excellent volume and power on the muscular, dense and superbly persistent finale. This is not an especially refined vintage for this wine but should mature into a real beauty if given a chance. Tasted: Jun 11, 2017 Drink: 2023+ 評価:91〜94点 INFORMATIONNameBatard Montrachet Grand Cru Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2016WS95/Issue Jun 15, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating バタール モンラッシェ グラン クリュ 2015 ルイ ジャド 白ワイン tp 人気セール,品質保証
サン トーバン ブラン 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン 数量限定,人気
INFORMATIONNameSaint Aubin Blanc Maison Roche de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ロッシュ ド ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/サン・トーバンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Saint Aubin内容量750mlWA−/Issue −WS91/Issue Feb 28, 2018※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating サン トーバン ブラン 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン 数量限定,人気
ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ラ ガレンヌ 2016 エティエンヌ ソゼ 白ワイン tp S 最安値,送料無料
■『リアルワインガイド63号』より抜粋■ ミネラルと果実の複雑な香りが見事 。フレッシュで、余計なぜい肉が何もない ピュアピュア感 。 口に含むと、 やっぱ酸がいいわ 。そして、 優れたミネラル感と調和感 。試飲時は硬い味なんだけどこれはすぐにほどけて、いや、そうじゃなくて、別の日時ならすっかり硬さが取れて、オマケに見事に開いてくれるだろう。加えて、 心地良い豊かさ も出てくると思う。 ◆今飲んで:92+点 ◆ポテンシャル:93+点 ◆飲み頃予想:今〜2040年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNamePuligny Montrachet Premier Cru La Garenne Etienne Sauzetブドウ品種シャルドネ生産者名エティエンヌ・ソゼ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/ラ・ガレンヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/La Garenne-Colombes内容量750mlWA(89 - 91)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『ワイン好きならば、一度は憧れる造り手』 といえば、勿論いろんな造り手がいると思いますが、『ブルゴーニュの白ワイン』と限定すれば、この造り手の名を、真っ先にあげる人も多いのではないでしょうか。 『ピュリニー・モンラッシェ』を拠点とし、ブルゴーニュ白の頂点に君臨する『モンラッシェ』を擁するソゼ。その品質の素晴らしさは語り継がれるものの、実際に市場に出回るのは、 極僅か…(涙) でも… ソゼの実力を垣間見れるのは、トップ・クラスだけではありません! ブルゴーニュ・ブランをはじめとする、各クラスでの確かな仕事が、高く評価される理由なのです。 また、ソゼは2009年から全ての区画でビオディナミをはじめました。 ソゼのワインの透明感と清潔感はビオディナミによるところも多分に影響があるかと思います。 今もなお、更なる品質向上を目指し、新たな取り組みを始めている、エティエンヌ・ソゼ。 ブルゴーニュの白ワインの、大きな魅力のひとつである、ミネラルの美しさを存分に楽しむ事の出来る造り手です。 今後も目の離せない造り手、ソゼです! ピュリニー モンラッシェ プルミエ クリュ ラ ガレンヌ 2016 エティエンヌ ソゼ 白ワイン tp S 最安値,送料無料
シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 1999 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 人気定番,豊富な
INFORMATIONNameChevalier Montrachet Grand Cru Les Demoiselles Domaine Louis Latourブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/シュヴァリエ・モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Chevalier Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 4993199557409 トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! シュヴァリエ モンラッシェ グラン クリュ レ ドゥモワゼル 1999 ルイ ラトゥール 白ワイン tp S 人気定番,豊富な
ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ オー ブリュレ 2013 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 定番,豊富な
■『リアルワインガイド51号』より抜粋■ さあ、1erの銘酒入りしてもおかしくないワインの登場。 しかし香りは閉じ気味。しつこいスワリングで甘くて複雑な完熟ブドウの黒い風味が出てきた。また、ミネラルによるツヤと粘性も見事だ。口に含むと味は半開。 よってメチャ美味しい 。 これも前銘柄同様にちょっとした凝縮感があり、 中身がギュッと詰まっている 。そして味わいには既に複雑性がたっぷり。加えて 調和感も素晴らしい 。とても良く出来ている。 (15年06月試飲) 今飲んで:91+点 ポテンシャル:93点 飲み頃:2022〜2045年 INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Aux Brulees Domaine Michel Gros ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ミッシェル・グロ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/オー・ブリュレRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Aux Brulees内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 2nd Jan 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating この蔵に、行ってきました! ワインも美味いが、 この人の人柄が最高♪ オート・コート・ド・ニュイの畑ホントに良い人!って感じのミッシェルさん 先日、 ヴォーヌ・ロマネ のミッシェル・グロさん宅を訪れました。 そう、父ジャン・グロ氏の後を継いだ、グロ3兄弟のご長男で、モノポール(=単独所有畑)の クロ・デ・レア をはじめとするワインを造っているドメーヌです。 特級畑は、クロ・ド・ブージョのみ。 父ジャン・グロの時代に所有していたリシュブールを、相続の際に妹にあげてしまったり、ヴォーヌ・ロマネの栽培組合長を務めたりと、 実直な人柄 が取上げられる、グロ家のお兄ちゃん。 99年春のワイナート誌に、組合長の事が書かれていて、今も現職というから、少なくとも4年はやってるこの職。 今現在も、 ラ・ターシュ の中に一部残る、他所有者に属する『ゴーディショ』という畑を買取り、ラ・ターシュをDRCの完璧なモノ・ポールにする為のお手伝いをしているそうです。 大変な役職を務めるミッシェルさんが、いかに周りから 信頼 されているかが垣間見えるエピソードでした。 そんな彼のワインは、人柄が良く反映された、素直なブドウの味わいを生かした造り。 一見控えめに見えて、しっかりとした味わいを感じさせる造りとでも言えば良いでしょうか。静かに長く、熟成していくタイプでもあると思います。 それを正に具現していたのが、その日に先立って、 夕食の席 で頂いた、 クロ・デ・レア 1988です。何とも言えない落ち着きのある優しさ、熟成しているのに若さを失わない 艶っぽさ…。 1995年まで、ジャン・グロ氏のラベルでしたが、実際にはもっと前からミッシェルさんがこのドメーヌを大きく担っていたそうですから、この1本にも、彼のスタイルがきっちりと生かされているようです。 色々なお話を伺いながら、2001年と2002年ヴィンテージを試飲させて頂きました。 そこで出た 結論 は、ありきたりですが、 『やっぱり、良いワインだなぁ。』 と言う事。畑の個性を反映した、丁寧に造られたワインです。 そこでハッ!!と、思い出したのが、 『あっ、2000年、実店舗でだけ売っちゃってた…。』 と言う事実。ゴメンナサイ、今、それぞれあまり数がありませんが、慌ててアップしました。 2000年初リリースのモレサンドニもあります!!(これ、結構凄い場所なんです。) ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ オー ブリュレ 2013 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 定番,豊富な
ヴォーヌ ロマネ レ シャランダン 2013 カミーユ ジルー 赤ワイン tp 限定セール,お得
INFORMATIONNameVosne Romanee Les Chalandins Maison Camille Giroudブドウ品種ピノ・ノワール生産者名メゾン・カミーユ・ジルー産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/レ・シャランダンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Les Chalandins内容量750mlWA(88 - 90)+/Issue 30th Dec 2014WS90/Issue May 31, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ヴォーヌ ロマネ レ シャランダン 2013 カミーユ ジルー 赤ワイン tp 限定セール,お得
シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 限定SALE,お買い得
INFORMATIONNameChablis Grand Cru Vaudesir Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ヴォーデジールRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Vaudesir内容量750mlWA(90 - 91)+/Issue 30th Oct 2008WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 限定SALE,お買い得
ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 本物保証,限定SALE
熟成プルミエ クリュが、1万円台で! ブルゴーニュの名門ルイ ラトゥールから、 貴重なプルミエ・クリュの熟成物 が入荷しました〜♪ 最近は、プルミエ クリュの熟成物を見つけること自体が、非常に難しくなっています。 そんな中、ルイ ラトゥールのボーヌ ペリエールの 1985年物が、1万円台 で買えるのは、嬉しい限り! 数に限りがあるので、 ブルゴーニュ好き は、お早めにお買い求め下さい!! 透けて見えるオレンジを帯びた色合いが非常に美しく、 熟成を伴う香り がグラスから立ちこめてきます。 レーズンやイチジク の滋味深い果実味、 枯葉や茶葉のニュアンス に奥のほうにはタバコ。八角や丁子、五香粉といった中華系スパイスもほんのりと。角が取れ円熟した味わいは じんわりと身体に染み渡ってきます 。 高騰が続くブルゴーニュで、 1級畑の熟成モノ 、しかもこのような美しく時を刻んだものとめぐり会える機会はなかなかないのでは!? (2018年10月21日試飲) INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Perrieres Rouge Louis Latourブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 本物保証,限定SALE
ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ 2013 グロ フレール エ スール 赤ワイン tp S 品質保証,定番人気
INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Domaine Gros Frere et Soeurブドウ品種ピノ・ノワール生産者名グロ・フレール・エ・スール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee内容量750mlWA(87 - 89)/Issue 2nd Jan 2015WS92/Issue May 31, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 子供が、そのまま大人に?! ベルナール・グロは、 グロ一族の中でも、異色かも(笑) ご存知!ジャン・グロの息子ベルナール・グロが造るのが、このグロ フレール エ スールです。 90年代は、父のジャン・グロや、長男の ミッシェル・グロ ばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが 世界的 に評価が上がっています。 確かに飲んでみると、 噂に違わず素晴らしい出来栄え! その上、値段もかなりお手頃です♪ 長男のミッシェルと、次男ベルナールには直接会った事がありますが、全く性格が違い、 『ホントに兄弟なの?!』 と聞きたくなるくらいです。 『ワインの味には、造り手の人間像が反映される。』言われますが、次男ベルナール・グロに 会ってみると、『なるほど♪』 と思えます(笑) その人物像は如何に?! 【ベルナール・グロの人物像】 1:世の常に違わず、次男の彼は冗談好きでオチャメな性格。 2:子供がそのまま大きくなったような子供っぽさが残る。 3:その反面、急に考え込んでしまう事も。 4:ワインの味わいは、味わいのハッキリとした当世風。 5:新しい物好きで、好奇心旺盛。 上記写真のように、 興が乗ればピアノまで弾いちゃいます(笑) そんな彼が造るワイン、是非、味わってみて下さい。 奇才(?)ベルナール・グロさん セラーを拡張中!壁の裏側は、なんとロマネ・コンティのヴィレーヌさん宅です。 自分も畑に出ている事が良くわかる程、かなり彫りの深い手でした。 ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ 2013 グロ フレール エ スール 赤ワイン tp S 品質保証,定番人気
ボンヌ マール グラン クリュ 1995 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン tp S 人気定番,爆買い
入手難な特級畑!! シャンボール・ミュジニーらしさを引き出す名手 として、その存在が知られているジャック・フレデリック・ミュニエ。 残念ながら、あまりに希少すぎて、中々ご紹介が出来ませんが、ワイン好きなら、思わず 『ゴクッ』と 、 喉が鳴る逸品 が入荷しました〜! 漫画『神の雫』では、失われた記憶を取り戻そうとする、美人画家のために、ジャック・フレデリック・ミュニエのシャンボール・ミュジニーと、ミュジニーが用意され、彼女の記憶を取り戻す糸口になる、大きな役割を果たし、その後、 ますます入手困難に… (涙) いまや、ブルゴーニュ・ファンが 密かに捜し求めるワインのひとつ となってしまいました。 ごく少量の入荷 ですので、ブルゴーニュ愛好家はお早めにお買い求め下さい! INFORMATIONNameBonnes Mares Grand Cru JF Mugnierブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック・フレデリック・ミュニエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ボンヌ・マールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Bonnes Mare内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』登場で、 ますます入手難! ブルゴーニュの名手が登場!! シャンボール・ミュジニーらしさ を引き出す名手として、その存在が知られているこの造り手。 残念ながら、 あまりに希少 すぎて、中々ご紹介が出来ませんが、今回、彼の代表作、ミュジニー98や、なんと、レザムルーズ97など、思わず 『ゴクッ』 と、喉がなる逸品が入荷しました〜!! 『神の雫』では、失われた記憶を取り戻そうとする、美人画家のために、ジャック・フレデリック・ミュニエの シャンボール・ミュジニー と、 ミュジニー が用意され、彼女の記憶を取り戻す糸口になる、大きな役割を果たし、その後、ますます 入手困難に…。 いまや、ブルゴーニュ・ファンが 密かに捜し求めるワイン のひとつとなってしまいました。 クリスマスの時期、このレザムルーズ(=日本語で『恋人達』の意)なら、どんなワイン通の女性だって、喜ぶのではないでしょうか♪ いずれも ごく少量の入荷 ですので、お早めに!! ボンヌ マール グラン クリュ 1995 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン tp S 人気定番,爆買い
ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 本物保証,得価
INFORMATIONNameBourgogne Alogote Philippe Pacaletブドウ品種アリゴテ生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ブルゴーニュ アリゴテ 2016 フィリップ パカレ 白ワイン 本物保証,得価
ブルゴーニュ ルージュ キュベ アリナール 2015 デュガ ピィ 赤ワイン J セール,大人気
デュガ・ピィ入門編! ジュヴレ・シャンベルタンに居を構える、 ブルゴーニュ屈指の実力派生産者 のひとつ、デュガ・ピィ。 もう説明不要の造り手ですよね♪ そんなデュガ・ピィから、 毎年人気 のブルゴーニュ・ルージュが、入荷しています! 《デュガ・ピィ入門ワイン》 とも言うべきこの一本、ブルゴーニュ好きなら必飲ですよ! INFORMATIONNameBourgogne Cuvee Halinard Domaine Dugat Pyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名デュガ・ピィ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 0400003194605 デュガピィ デュガ ピィ デュガピイ ブル好きの憧れ! 世界的な需要と、生産量が 全く釣り合いません(涙) 【造り手の状況】 『ドメーヌの規模も徐々に大きくなってはいるが、そのあまりに 殺到する需要 のため、ほとんど 焼け石に水状態 。』 (輸入元様資料より抜粋) と言われるほど、 あまりの人気の高さ に、市場で店頭に普通に並んでいる姿を見かける事は、 ごく稀 といえる、デュガ・ピィ。 畑での仕事 を何よりも大事にする、当主ベルナール氏をはじめとする、家族経営のドメーヌのワインは、もう長きにわたって、 世界がそのリリースを熱望するほどの存在 である事は、ブルゴーニュの中でも、 屈指の存在 だと言えるのではないでしょうか。 デュガ・ピィのワインを特徴づけているのは… 【デュガ・ピィの特徴】 ◇畑は、殺虫剤や化学肥料の類は 一切使用せず 、日々こまめな手入れを必要とする ビオロジークで耕作 。 ◇通常を超える 高密植度 。ジュヴレのプルミエ・クリュや、プティト・シャペル、シャンベルタン1万3000本という異例の数字。 ◇ 樹齢 は若くて20〜30年、ヴィエーユ・ヴィーニュとしているのは、50〜90年と 常軌を逸した古さ 。 ◇上記による、 低収量 は、豊作の年でも30ヘクトリットルを超えないほど。 ◇収穫後の 細心の注意 などなど…。 しかし、どんなに多くを語るよりも、彼のワインをひと口飲めば、世界から熱望されるその意味は、おわかり頂けるはず! そんな、 デュガ・ピィの2008年 が入荷しました!! 今こそ、手に入れるチャンスです!! ブルゴーニュ ルージュ キュベ アリナール 2015 デュガ ピィ 赤ワイン J セール,大人気
クロ ド ラ ロッシュ グラン クリュ 2000 ロッシュ ド ベレーヌ コレクション ベレナム 赤ワイン tp 2019,品質保証
INFORMATIONNameClos de la Roches Grand Cru Roches de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ ド ベレーヌ(コレクション ベレナム)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/モレ・サン・ドニ/クロ・ド・ラ・ロッシュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Morey St Denis/Clos de la Roche内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロ ド ラ ロッシュ グラン クリュ 2000 ロッシュ ド ベレーヌ コレクション ベレナム 赤ワイン tp 2019,品質保証
シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レザムルーズ 2008 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン tp S 限定セール,新作登場
95+点 シャンボール・ミュジニーらしさを引き出す名手 として、その存在が知られているジャック・フレデリック・ミュニエ。 大人気のシャンボール・ミュジニーから、かなり貴重な プルミエ・クリュ(=1級畑) のレザムルーズが入荷しました〜♪ 漫画『神の雫』 では、失われた記憶を取り戻そうとする、美人画家のために、ジャック・フレデリック・ミュニエのシャンボール・ミュジニーと、ミュジニーが用意され、彼女の記憶を取り戻す糸口になる、大きな役割を果たし、その後、 ますます入手困難に…(涙) いまや、 ブルゴーニュ・ファンが密かに捜し求めるワイン のひとつとなってしまいました。 ごく少量の入荷 ですので、ブルゴーニュ愛好家はお早めにお買い求め下さい! ■『ワイン・アドヴォケイト誌194号(2nd May 2011)』より抜粋■ The 2008 Chambolle-Musigny Les Amoureuses is endowed with an explosive bouquet and a multi-dimensional, textured core of dark fruit . The inner palate sweetness, richness and nuance here are all breathtaking. The finish seems to last into the next day. This is another spellbinding effort from Mugnier. Anticipated maturity: 2018-2038. With each passing year Frederic Mugnier has let up on the reigns of winemaking and allowed the vintage to take center stage. His wines now reflect the unique qualities of each harvest to an exacting degree. Mugnier describes the 2009s as rich, powerful and exceptionally dense wines that will be at their most exciting in several decades’ time, or ? as Mugnier says with his typically dry sense of humor ? when he’s no longer around. The vintage was marked by one week of very hot weather towards the end of the growing season, although on average 2009 was not a hot year. The harvest began on September 10. For the 2009s Mugnier destemmed 100% of the fruit as he didn’t feel he had the phenolic ripeness in the stems to use whole clusters. Fermentations lasted about three weeks, an approach which is now pretty much consistent from year to year. ‘Long, slow and gentle,’ Mugnier says. The wines were racked once and were scheduled to be bottled between April and May 2011. The percentage of new oak barrels continues to drop and is now between 15-20% across the entire range. I also tasted all of the 2008s, a vintage in which Mugnier’s wines are stratospheric for their sheer beauty, elegance and pedigree. In 2008 the harvest began on September 26, two full weeks after 2009, which is pretty consistent across domaines in these two years. Today the 2008s appear to have more finesse and silkiness. This will be a fascinating vintage to follow here. Drink Date 2018 - 2038 評価:95+点 INFORMATIONNameChambolle Musigny Premie Cru Les Amoureuses Jacques Frederic Mugnierブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジャック・フレデリック・ミュニエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レザムルーズRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Amoureuses内容量750mlWA95+/Issue 2nd May 2011WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』登場で、 ますます入手難! ブルゴーニュの名手が登場!! シャンボール・ミュジニーらしさ を引き出す名手として、その存在が知られているこの造り手。 残念ながら、 あまりに希少 すぎて、中々ご紹介が出来ませんが、今回、彼の代表作、ミュジニー98や、なんと、レザムルーズ97など、思わず 『ゴクッ』 と、喉がなる逸品が入荷しました〜!! 『神の雫』では、失われた記憶を取り戻そうとする、美人画家のために、ジャック・フレデリック・ミュニエの シャンボール・ミュジニー と、 ミュジニー が用意され、彼女の記憶を取り戻す糸口になる、大きな役割を果たし、その後、ますます 入手困難に…。 いまや、ブルゴーニュ・ファンが 密かに捜し求めるワイン のひとつとなってしまいました。 クリスマスの時期、このレザムルーズ(=日本語で『恋人達』の意)なら、どんなワイン通の女性だって、喜ぶのではないでしょうか♪ いずれも ごく少量の入荷 ですので、お早めに!! シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レザムルーズ 2008 ジャック フレデリック ミュニエ 赤ワイン tp S 限定セール,新作登場
ムルソー レ シュヴァリエール 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン tp 全国無料,全国無料,HOT
INFORMATIONNameMeursault Les Chevalieres Maison Roche de Belleneブドウ品種シャルドネ生産者名ロッシュ ド ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー レ シュヴァリエール 2015 ロッシュ ド ベレーヌ 白ワイン tp 全国無料,全国無料,HOT
C シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 数量限定,SALE
■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 貴重すぎる逸品。 ワイン好きなら、誰もが聞いたことのある ドクター・バロレ・コレクション 。 でも、その 実物を見たことのある人は、ごく僅か だと思います。 そんなドクター・バロレ・コレクションのシャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・シャルムが、今ならあります♪ しかも、1964年 。 数に限りがあるので、完売した際は、 再入荷の予定はありません 。 こういうワインを販売できて、私は、大変光栄に思います。是非、 本物のワイン愛好家にこそ買って頂きたい逸品です 。 INFORMATIONNameChambolle Musigny Les Charmes Dr, Barolet Collectionブドウ品種ピノ・ノワール生産者名産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/レ・シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Charmes内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating C シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ シャルム 1964 アンリ ド ヴィラモン コレクション デュ ドクター バロレ 赤ワイン ラベル瓶に汚れ 破れ 傷等有り tp S 数量限定,SALE
クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 爆買い,品質保証
INFORMATIONNameClos Vougeot Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 爆買い,品質保証
ブルゴーニュ ブラン 2016 トロ ボー 白ワイン S 定番人気,豊富な
INFORMATIONNameBourgogne Blanc Tollot Beautブドウ品種シャルドネ生産者名トロ ボー産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 往年のブルゴーニュ好きの 皆様!是非、飲んで下さい♪ 格段に美味しくなってます! とある試飲会で、トロボーのワインを久々口にしたときの事。 私が、かつて抱いていた、トロボーのイメージより、格段に美しいワインに… 『えっ、トロボーって、こんなに美味しかったっけ?』 と、驚いたのを、今でもハッキリと覚えています! その後、少し仕入れては販売したり、自分で再度飲んで、その美味しさを確かめたり、様子を見ていました。 そして、そんなある日、 ベテランのワイン好き の方が… 『ここ最近のトロボーは良い。』 と、おっしゃっていたとの話を聞き、『やっぱり!』と、確信したりもしました。 やっぱり明らかに、美味しくなってると思うので、晴れてご紹介させて頂きます♪ そして、時を同じくして、ワイン専門誌 『ワイン王国42号』 で、トロボーが掲載されているのを発見! この記事を書いたのは、 フランス指折りの評論家 であり、テイスターとして知られる、ミッシェル・ベタンヌ氏とティエリー・ドゥソーヴ氏です。 【ワイン専門誌の評価】 トロボー家は、ブルゴーニュで 最も尊敬されている生産者 のひとつ。鋤き入れや厳選したクローンでの栽培、まれに見る管理された醸造を3世代にわたって励行している。 多くのカーヴが衛生に問題があった時代から、トロボーでは当時の最新醸造技術を取り入れてきた。 清潔な醸造所で新樽を絶妙に使いこなし、色調が美しく、酸は軽いが輪郭のはっきりとした現代的なワインを早くから造っている。 ピノ・ノワールは 果実味が非常に良く出るワイン で、特にアメリカでの評価が高い。 またフランスの若い世代にもファンは多いが、ごく最近のワインは、骨格とバランスが少し変わってきているようだ。 収量を更に下げて成熟度を上げたブドウから、酒精をさらに高めたワインを造るようになっているのだ。 ( 『ワイン王国42号』 より抜粋) そして、弁護士であり、ワイン愛好家として、ワインに関しての著書を持ち、、その他監修や訳書を持つ 山本博氏 が、同ページで… 『最近、評判の良い『トロボー』』 と、やはり同様に、最近のトロボーの良さを語っています。 難しい味わいではなく、口に入れた時の果実のふくらみや丸み、香りなど、 素直に『美味しい♪』 と言えるって、嬉しい限りです。 価格も、比較的落ち着いているのも、嬉しいところ♪ 今、再び、注目すべきトロボー! ブルゴーニュ ブラン 2016 トロ ボー 白ワイン S 定番人気,豊富な
ポマール プルミエ クリュ レ アルヴレ 2013 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 人気定番,正規品
INFORMATIONNamePommard Premier Cru Les Arvelets Philippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ポマール/レ・ザルヴレRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Pommard/Les Arvelets内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ポマール プルミエ クリュ レ アルヴレ 2013 フィリップ パカレ 赤ワイン S tp 人気定番,正規品
ミュジニー グラン クリュ 1998 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 定番,お買い得
ご 購 入 の 前 に ■商品の状態について■ 経年に伴い、ラベル、キャップシール、ボトルなどに、汚れや傷、破れや剥がれなど劣化があるものがございます。 状態もそれぞれ差がございます。 ※状態のご指定は、お受け出来ませんので、ご了承の上お買い求め下さい。商品到着後のキャンセルやご返品もご遠慮下さいませ。 INFORMATIONNameMusigny Grand Cru Joseph Drouhinブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ジョセフ・ドルーアン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Musigny内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ジョセフ・ドルーアンは、ブルゴーニュの首都ボーヌ、古代ローマの壁の内側に位置する街の中心にある、家族経営のワイナリーです。 ブルゴーニュにしては大きい、約70haの自社畑を所有、その90%が1級、もしくは特級畑と言う、高品質なワインを造り続けるメゾン。 始まりは、1880年にまで遡ります。創始者であるジョセフ・ドルーアン氏は、1756年に建設されたワインハウスを購入、自身の名を会社名とした『メゾン・ジョセフ・ドルーアン』を興します。 第一歩は、ブルゴーニュ以外のワインも扱うネゴシアン・ビジネスからのスタートでした。 その後、2代目モーリス氏が引き継いだのが、1919年。モーリス氏は、ブルゴーニュのワインに特化すると同時に、将来ブルゴーニュで素晴らしいワインの買い付けが難しくなる事を予想、自社畑の買い付けに着手します。 そのモーリス氏の後を若干24歳の若さで引継いだのが、3代目のロベール氏です。 ロベール氏の代で手に入れたミュジニーやクロ・ブージョ、シャブリ等、ブルゴーニュの誇る数々の畑。これらの畑と共に、ジョセフ・ドルーアンはネゴシアン・ビジネスとドメーヌの両方において、その実力を世に知らしめる存在となります。 そして、1974年、この時期にはとても稀だった、女性ワイン・メーカー、ローレンス・ジョバールを迎え入れます。ともすれば保守的になりがちな経営を、常に柔軟で前向きな姿勢で歩んで来たモーリス氏。 ローレンス・ジョバールが、30年後の今でも、ジョセフ・ドルーアンのチーフ・ワイン・メーカーとして働き、このメゾンに欠かせない人物である事が、モーリス氏の判断が正しかった事を何よりも証明しています。 そんなジョセフ・ドルーアンが、新たな第一歩を踏み出す時代が到来しました。 2003年、4人兄弟の末っ子であるフレデリック氏が、まだ30代の若さで4代目の代表取締役に就任、その他の兄弟は、栽培や運営などそれぞれの形で関わる事で、次世代のジョセフ・ドルアーンが始まりました。 左から、ヴェロニク/ローラン/フレデリック社長/ロベール/フィリップ すべて手積みの収穫:ぶどうを傷つけない細心の注意 長男フィリップが栽培に関わりはじめた1988年から、既に有機栽培に切り替え、今や多くの生産者が関心を寄せるビオディナミにも、6年前から着手。 現在、自社ブドウ畑では、除草剤などの化学肥料は一切使用せず、昔ながらの鋤を使って耕し、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。 フィリップ氏いわく 『ピノ・ノワールの抽出は、良い紅茶を淹れるようなもの。抽出しすぎては味わいのバランスが崩れてしまいます。私達はピノ・ノワール本来のバランスを考えたワインを造りたいのです。』 ブルゴーニュを代表するネゴシアンとして、そして、単独畑のクロ・デ・ムーシュをはじめとする畑を所有するドメーヌとして名声を得た、ジョセフ・ドルーアン。 一時の流行に終わらず、真にブドウに良いもの、自然に良いものを求める姿が、そこにはあります。 今再び、ジョセフ・ドルアーンが飲みたくなるのは、自然な流れなのではないでしょうか。 ミュジニー グラン クリュ 1998 ジョセフ ドルーアン 瓶汚れあり 赤ワイン tp S 定番,お買い得
ジュヴレ シャンベルタン オー ゼトロワ 2013 バンジャマン ルルー 赤ワイン S 人気定番,新作登場
■ワイン名(原語)/Gevrey-Chambertin Aux Etelois Benjamin Leroux ■ブドウ品種/ピノ・ノワール ■生産者名/バンジャマン・ルルー ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■内容量/750ml 2019年1月23日ジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派 ブルゴーニュの造り手の中で『赤も白も上手』とあのジャスパーモリスMWが認めたといわれる実力派、バンジャマン ルルー氏がご来店下さいました! コントアルマン時代から頭角を現し、すでにその実力が知られていたバンジャマン ルルー氏。彼の独立時に心躍らせた方も多いのではないでしょうか。 自社畑も持ちつつ、買いブドウで手掛けるネゴスものも併せて30ほどのキュベを造っているバンジャマン氏。 『多いのでは?』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが『ブルゴーニュでワイン造りをしているんだし、そのチャンスがあるんだから当然の流れだよ。』とのコメントに納得です。しかも、1キュベ多くて900本までなので、大量生産のネゴスとは全く違う方向性で、《バンジャマン ルルーならではのワイン》を手掛けています。 彼のワインは、村名ワインでもプルミエ・クリュの若木などが使われている事も多いそうで、『若木って何歳位まで?』と、聞くと、『15年』とのこと。多くの人にとっては5年くらいまでを若木と言うと思いますが、彼にとってここにも妥協はありません。しかも、もっとびっくりするのは『じゃ、古木は?』と、聞くと『90年』と・・・恐るべし、バンジャマン。 2016年は、霜の影響などで生産量が極端に落ちた地域もあったものの、結果的に収穫出来たブドウは素晴らしいものになり、優れた生産者は魅力的なワインを生み出しています。もちろん彼もその一人。2016年の生産量の少なさについても自然相手の仕事ゆえ仕方ないことと受け止め、前に進んできたようです。 自ら多くは語りませんが、話を聞いているとそのワインの品質の高さの理由に気付かされる、バンジャマン ルルー氏のワイン。 是非皆さんも飲んでみて下さいね! ジュヴレ シャンベルタン オー ゼトロワ 2013 バンジャマン ルルー 赤ワイン S 人気定番,新作登場
ボーヌ ブランシュ フルール 2014 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン 大得価,人気SALE
■輸入元様資料より抜粋■ ボーヌ村域の北端に位置する村名畑と1級畑に別れる区画で、このキュヴェは村名側の畑から。 1987年に植樹された比較的樹齢の若い畑で、傾斜も0.5%と余り斜度はないもののフィネスに溢れたワインを産み出す。新樽0%。 INFORMATIONNameBeaune Blanche Fleure Domaine de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ ド ベレーヌ(コレクション ベレナム)産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ボーヌ ブランシュ フルール 2014 ドメーヌ ド ベレーヌ 赤ワイン 大得価,人気SALE
シャブリ グラン クリュ ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 赤字超特価,定番人気
『冷やし過ぎずにお楽しみ下さい!』 世界で最も有名な白ワインともいえる、 『シャブリ』 の中で、ドーヴネやラヴノーなどと並びトップ生産者の評価を受けているのが、現在責任者を務める、ディディエセギエ氏の 並々ならぬ品質へのこだわり が感じられる、ウィリアム フェーヴルです! 先日、グラン クリュ ブーグロ2016を飲みましたが、一口飲んだだけで、その 格式の高さがはっきり感じられる味わいの複雑さと奥行き は、ただただ、 『さすが』 の一言…(驚) 1本数万円してしまうラヴノーなどと比べて、グランクリュでも1万円以下で楽しめるなど、価格が良心的なので、 レストランからの信頼が厚いのも納得です♪ 上質な白ワイン をお探しなら、ウィリアム フェーヴルは外せません! ■輸入元様資料より抜粋■ グラン・クリュの丘の北西側、レ・プルーズの下に位置する南西向きのブーグロの畑は豊かな香りとコクを持ち、 たっぷりとしたミネラルを思わせる 味わいを特徴としています。 ワインは 構成がしっかりとしたリッチで滑らかなタイプ で、土壌の性格と共にコー・ブーグロとは対照的。 ■『ワイン・アドヴォケイト232号』より抜粋■ The 2016 Chablis Grand Cru Bougros has a very attractive bouquet in the making: apple blossom, linden, wet limestone and touches of pear emerging from the glass, all with fine delineation. The palate is well balanced with fine acidity . It is taut and linear but there is fine depth here and a touch of salinity toward the finish that lingers in the mouth. Excellent . ◆パーカーポイント:92-94点 ◆飲み頃予想:2020〜2034年 INFORMATIONNameChablis Grand Cru Bougros Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ブーグロRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Bougros内容量750mlWA(92 - 94)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 赤字超特価,定番人気
コルトン 2015 ルー デュモン 赤ワイン tp S 新作入荷,大人気
『驚くほどエレガント。』 もともと ブルゴーニュ通から評判の高い ルー・デュモンでしたが、以前、NHKの人気番組『プロフェッショナル』に出てから、 急激に入手難な造り手になりました…(涙) そんなルー・デュモンから、 非常に評価の高い2015年物 が入荷したので、ご紹介致します! 数に限り があるので、ブルゴーニュ好きは、お早めにお買い求め下さい!! ■『リアルワインガイド61号』より抜粋■ これまでルー·デュモンのコルトンといえば、他のラインアップがエレガントになっても、我が道をゆく濃さと力強さが特長だったが、この2015年は驚くほどエレガント。しかも キュートさすら併せ持つエレガントぶりで、重さも濃さもどこにもない 。甘酸っぱくてジューシーだけど、 締まるところは締まって骨格もしっかり 。 今はまだ複雑な味わいも硬い殻の中なので5年は待ちたい。ちなみに、家に持って帰ったものを数日後に飲んでみると、凝縮感が出て少し濃度もアップしていた。 (18年2月試飲) ◆今飲んで:92点 ◆ポテンシャル:94点 ◆飲み頃予想:2023〜2055年 INFORMATIONNameCorton Lou Dumontブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルー・デュモン産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/アロース・コルトン/コルトンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Aloxe Corton/Corton内容量750mlWA-/Issue -WS-/Issue -※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating コルトン 2015 ルー デュモン 赤ワイン tp S 新作入荷,大人気
マジ シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2008 ペロ ミノ 赤ワイン S 限定SALE,大人気
飲み頃の10年熟成! かつて… 『将来スーパースターになる可能性を秘めているものについて語ろう。』 と、あのロバート・パーカー氏が、名指しでその名を挙げた人物。 今や、 その話は現実となりました 。 その造り手とは、ブルゴーニュの一流生産者の1人として、名を連ねる、ペロ・ミノの当主、 クリストフ・ペロ・ミノ氏 です。 私も大好きな造り手の1人です 。 そんなペロ・ミノから、貴重な 10年熟成の飲み頃ワイン が入荷しました! 価格も良心的なので、コレは買っておいた方が良いと思います!! ■burghound.com 37号より抜粋■ Note: from Mazis-Bas Producer note: Christophe Perrot-Minot commented that the 'summer of 2008 was very cool and difficult as there was a lot of rain and not much sunshine. However, toward the middle of September good weather, along with the north wind, arrived and not only saved the harvest but maturities exploded. We carefully controlled yields and thus our sugars really shot up in the last few days before the harvest. We began picking on the 26th and brought in grapes that had potential alcohols in the 12.5 to 13% range, which is all we need. Not all wines were chaptalized and those that were had between .2 and .5% added. There was a lot of sorting work required though and I estimate the loss rate at between 25 and 30%. I did a normal vinification but when it came time to press, I decided to go with about as light a pressure as I could and still extract a bit of juice. Overall, I quite like the 2008 vintage because the wines are extremely fresh and energetic with plenty of fat supported by ripe tannins. ' (La Reserve, UK, H & H Bancroft Wines, www.bancroftwines.com, UK, Goedhuis & Co., www.goedhuis.com, UK, Berkmann Wine Cellars, www.berkmann.co.uk, UK, Bordeaux Index, www.bordeauxindex.com, UK and Connolly's Wines, www.connollys-wine.co.uk, UK). Tasting note: A completely different nose that is quite animale with wild red berry fruit and plenty of underbrush nuances that is trimmed in a bit of wood spice that dissolves into supple, fresh and attractively textured flavors that are really quite fine for a young Mazis, all wrapped in a deep, long and superbly complex finish. In the context of the vintage, this is a robust effort though I expect that a decade in the cellar will see it drinking well. Tasted: Jan 30, 2010 Drink: 2018+ 評価: 92〜94点 INFORMATIONNameMazis Chambertin Grand Cru Vieilles Vignes V.V. Domaine Perrot Minotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ペロ・ミノ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/マジ・シャンベルタンRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Gevrey Chambertin/Mazy Chambertin内容量750mlWA91/Issue 29th Jun 2010WS95/Issue Feb 29, 2012※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マジ シャンベルタン グラン クリュ ヴィエイユ ヴィーニュV.V. 2008 ペロ ミノ 赤ワイン S 限定SALE,大人気
ブルゴーニュ シャルドネ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 2019,爆買い
■輸入元様資料より抜粋■ 新樽不使用、旧樽熟成。 果実味豊かでこのクラスでは 飛び抜けた洗練された酸とバランスの良い凝縮感 。 PULIGNY MONTRACHETクラスと言っても過言ではない素晴らしい造り 。 所有面積2ha。ピュリニー村でも 一番おいしいブルゴーニュブランができる とされる、シャンペリエという、石が多い畑で常に安定した品質の葡萄が取れると定評があります。 INFORMATIONNameBourgogne Chardonnay Domaine Paul Pernotブドウ品種シャルドネ生産者名ポール ペルノ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ シャルドネ 2017 ポール ペルノ 白ワイン 2019,爆買い
コルトン ロニェ グラン クリュ 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp S 全国無料,2019
初リリース! ■輸入元様資料より抜粋■ 平均樹齢45年、粘土石灰質土壌で東向きの斜面にある区画。 柔らかいタンニン と 洗練された酸 のバランスが秀逸で、土壌由来のミネラル感と 絶妙のハーモニー を生み出しています。赤系果実のいきいきとした風味と香ばしさ、しなやかな口当たりが印象的。 INFORMATIONNameCorton Rognet Grand Cru Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/アロース・コルトン/コルトンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Aloxe Corton/Corton内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 コルトン ロニェ グラン クリュ 2015 フィリップ パカレ 赤ワイン tp S 全国無料,2019
モンラッシェ グラン クリュ 2005 エティエンヌ ソゼ 白ワイン 得価,新品
『脱帽し、膝まづいて飲むべし!』 ワイン業界の人に、 『最も手に入りにくい白ワインは?』 と尋ねたら、いろんなワインの名前が挙がると思います。 そんな中に、必ず名前が出るであろうというのが、このワイン! モンラッシェ です。 しかも、あのエティエンヌ・ソゼのモンラッシェ! 『脱帽し、膝まづいて飲むべし』 と評される逸品です。 買えた人は、ラッキーです♪ ■burghound.com 27号より抜粋■ Note: made from purchased must sourced from Domaine Thenard, whose vines are on the Chassagne side of the appellation - aged in 67% new oak Producer note: Gerard Boudot calls 2005 an ' easy vintage . We had excellent maturities with absolutely impeccable cleanliness as there was no rot or disease pressure on the vines or the fruit. As such, we were not obligated to treat very often which made our stress levels lower as well. I decided to pick relatively early, electing to begin on the 15th of September because for the style of wine that I prefer, I wanted to preserve the acidity. It was clear that we already had achieved excellent ripeness with sugars in the 13 to 13.5% range and I just didn't see that there was anything left to gain except over ripeness. Yields were good and when I did the final analyses, the tests gave me one of those curious results were the pHs were actually lower than those in 2004 with between 3.1 and 3.2 yet the total acidities were slightly lower too. The best part though was that the maturities were homogenous and thus everything was pretty much at the same quality level. Because the fruit was so clean there was essentially no lees settling to speak of and we essentially just pressed the fruit and racked the must into barrel. The fermentations were both slow but steady and the malos were finished by the spring. In terms of the wines, the aromas remind me of the slightly exotic 1992s because they're really quite ripe but the ripeness comes no where near that of 2003. In terms of balance and mouth feel, the '05s remind me of the 2002s, particularly in terms of cut and weight. Put it all together and I think you can reasonably compare 2005 to 1985.' Note that Boudot has again acquired a small amount of Truffiares and has added another wine in 2005, which is Champs Gains. In other changes, except for the Bourgogne, Boudot elected to bottle all of the '05s in February. In the past he has generally bottled in three stages, which is to say September, October and February. He explained that he believes that all of the '05s would benefit from a longer elevage. Lastly, Boudot also said that he changed the bottle shape in '05 (see below for details). Readers who have been following my comments on premature oxidation know that Domaine Sauzet has been one those hardest hit by the problem though in fairness, they've had plenty of company. I asked Boudot what changes, if any, he had made in response and he told me that he had instituted several that include 'eliminating completely any silicone [which is believed to have contributed to the problem because it is highly oxidative] on my corks and from now on by ordering only those coated with 100% paraffin. I know that sommeliers won't be happy [silicone makes the corks easier to extract from the bottle] but better to have a difficult cork than a bad potential wine. I have also raised the free SO2 levels at bottling to provide a greater margin for error. Lastly, I have changed the bottle shape to a more traditional one which has a longer neck. This will permit 100% certainty that the cork will be centered in the neck for its entire length and not be permitted to have the very bottom of it flare as can happen if there is any downward movement of the cork during shipping with the current shape. While I can't say for sure that these modifications will solve the problem, I believe that it will certainly help and I want my clients to know that we're taking the problem very seriously.' (Vineyard Brands, Birmingham, AL; O.W. Loeb, Justerini & Brooks, Lay & Wheeler, Tanners Wines, Adnams, Berry Brothers & Rudd and Domaine Direct, all UK). Tasting note: In contrast to the expressive noses of the 3 prior grands crus, this is positively discreet and almost reticent by comparison and only vigorous swirling would coax the broad-scaled nose to reveal itself, offering up notes of anise, peach, pear, citrus, orange blossom and honey that also merges seamlessly into textured, sweet, powerful and robust full-bodied flavors that possess a seductive mouth feel yet excellent precision and cut as well. This is a big wine and not overly refined but the sheer depth of material is almost hard to believe and as such, this will eventually transform into something very, very special. Patience required however. Don't miss! Tasted: Jul 01, 2007 Drink: 2013+ 評価: 96点 INFORMATIONNameMontrachet Grand Cru Etienne Sauzetブドウ品種シャルドネ生産者名エティエンヌ ソゼ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ピュリニー・モンラッシェ/モンラッシェRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Puligny Montrachet/Montrachet内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『ワイン好きならば、一度は憧れる造り手』 といえば、勿論いろんな造り手がいると思いますが、『ブルゴーニュの白ワイン』と限定すれば、この造り手の名を、真っ先にあげる人も多いのではないでしょうか。 『ピュリニー・モンラッシェ』を拠点とし、ブルゴーニュ白の頂点に君臨する『モンラッシェ』を擁するソゼ。その品質の素晴らしさは語り継がれるものの、実際に市場に出回るのは、 極僅か…(涙) でも… ソゼの実力を垣間見れるのは、トップ・クラスだけではありません! ブルゴーニュ・ブランをはじめとする、各クラスでの確かな仕事が、高く評価される理由なのです。 また、ソゼは2009年から全ての区画でビオディナミをはじめました。 ソゼのワインの透明感と清潔感はビオディナミによるところも多分に影響があるかと思います。 今もなお、更なる品質向上を目指し、新たな取り組みを始めている、エティエンヌ・ソゼ。 ブルゴーニュの白ワインの、大きな魅力のひとつである、ミネラルの美しさを存分に楽しむ事の出来る造り手です。 今後も目の離せない造り手、ソゼです! モンラッシェ グラン クリュ 2005 エティエンヌ ソゼ 白ワイン 得価,新品