シャンボール ミュジニー 1988 ピエール ブレ 赤ワイン S 格安,セール
80年代が、この価格! INFORMATIONNameChambolle Musigny Pierre Bouree Filsブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ピエール・ブレ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 現地ブルゴーニュで 選んで来ました! 『うちのやり方』を貫く男気!! 《熟成したワイン》 の美味しさは、若いワインには無い、熟成により醸しだされる、香り、味わいが魅力です♪ 『もっと沢山の方に、そんな味わいを知って欲しい!』 そんな思いで、旅立ったのは、今年春。向った先は、ブルゴーニュ。 既に訪問先は決まっていました。 それは… 『うちのやり方』 を貫き、 良質な古酒を数多くストック する、ピエール・ブレです! ■優秀どころかずば抜けている■ 『ブレ社は1864年創立の小さなネゴシアンで、ジュヴレ=シャンベルタンの目抜き通り(国道74号線)に面して構えている。現在の年間生産量は1万〜2万ケースで、多いほうではない(例によって収穫の規模に応じて変動する)。 ここのワインは優秀どころかずば抜けている ことが多く、色素、エキス分、 タンニンがたっぷりある。秀作年のものは絶頂に達するには通常7〜8年かかり、ワインが軽めの年でも 驚くほど頑丈で堅固なものとなる 。 ところでブレのトップ・ワインでは、前述のクロ・ド・ラ・ジュスティスが一貫して優秀または秀逸だが、 コート・ド・ニュイの1級、特級のほとんども毎年秀作となる 。ブレの作で知られざる2大スターは、ボーヌ・レ・ゼプノットとサントネ・レ・ グラヴィエールである(ちなみに最大の買い手は英国で、アメリカこれに次ぐ)。 ブレのワインは、いずれも非常によく熟成する 』 (ロバート・パーカー著『ブルゴーニュ』より抜粋) 向った先は、ピエール・ブレの本拠地がある、ジュヴレ・シャンベルタン。 待ち構えていたのは、蔵から出されたばかりの、30種近い古酒。 全てを試飲させて頂き、ご本人や、現地の造り手に精通した方々と選んできたのが、今回ご紹介する古酒です! ピエール・ブレの蔵で、ズ〜ッと寝かされていた、 蔵から直輸入の古酒 ばかりです! しかも、ワインの品質の高さに加え、ピエール・ブレの古酒は、 良心的な価格 も大きな魅力♪ 若いワインとは違うその美味しさ を、ご堪能頂けるんです。 先日、周年特価でご紹介させて頂いた1本も、インターネット店と、実店舗の両店でご好評頂き、店頭に 慌ててリピート買い しに来てくださったお客様もいらっしゃったほど! そして… 遂にその他のワインも、ご紹介させて頂く機会が到来しました〜! 現地で選んで来ました! 『うちのやり方』を貫く男気 が生む、お値打ちブルゴーニュ古酒です!! 【古酒に関し】 古酒は デリケート です。 お届け直後 は、状態が安定せず、味わいの バランスが崩れている 場合があります。 バランスを整えるため、お届け後、最低 一週間 は冷暗所に立てて 保存してからお楽しみ下さい 。 長年、瓶の中で熟成を重ねたワインが、 目覚めるのに時間がかかる場合が御座います。 そのため、抜栓直後はツンとした香りが立つ事がありますが、 数時間後には和らぐ 場合が多いことを、弊店スタッフの試飲結果からも、実証しております。ご参考下さい。 また、 ピノ・ノワール種 は、他品種の古酒より、より アタックに酸を感じやすい 特徴が御座います。 上記をご理解、ご参照頂き、年月を重ねた古酒ならではの味わいをお楽しみ下さい。 ■コルクの状態について■ コルク上にカビ のあるものがございますが、コルク上のカビは、ワインが 適切な湿度環境で保管 されていた証拠です。カビはふき取ってお飲み下さい。 また、若いヴィンテージのコルクと異なり、コルクに 多少ダメージを受けている ものがございますが、試飲の結果、 ワインの品質 には問題ございませんでした。 シャンボール ミュジニー 1988 ピエール ブレ 赤ワイン S 格安,セール
ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ ド ラ マレシャル 1998 フェヴレ 赤ワイン tp S 人気SALE,HOT
ブルゴーニュ通にオススメ! ブルゴーニュ通 の方なら分かると思うのですが、ブルゴーニュのグラン・クリュって、お金に糸目さえ付けなければ、どんなワインでも見つけることって可能ですよね。 でも、プルミエ・クリュのワインで、 熟成した物って、必死に探しても、殆ど見つかりません…(汗) そんなブルゴーニュ好きの悩みを解決できるワインを見つけてきました〜! ブルゴーニュの名門フェヴレ が造るニュイ・サン・ジョルジュの プルミエ・クリュ《クロ・ド・ラ・マレシャル》 です!! 20年の熟成 を経たクロ・ド・ラ・マレシャルを飲めるだけでも幸せかも♪ INFORMATIONNameNuits Saint Georges Premier Cru Clos de la Marechale Faiveleyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フェヴレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ/クロ・ド・ラ・マレシャルRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges/Clos de la Marechal内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 『神の雫』に掲載! 『サラリーマンのロマネ・コンティ』と 評された逸品!! 『飲みたい!』 この記事を読んで、自分が飲みたさに、即効仕入れてしまいました(笑) そう! 先日、 『神の雫』 のコラムを読んでいると、フェブレのワインが大絶賛! しかもしかも、これだけ絶賛で、3千円台なんです! 『これは、沢山の方に飲んで頂かなければ。』 そんな、一種の使命感を感じつつ(笑)、一足お先に、実店舗の店頭に並べてもらったその日の夜の事。 ワイン売り場を歩いている時、、ふと目に付いた、ポッカリ商品が無くなっているスペースが! 近寄ると、今朝出したばかりの、この、フェヴレイのメルキュレイ・クロ・デ・ミュグラン2002じゃないですか! 確かに、記事のコピーは置いていたものの、近づいて読まなければ分からない程度にしかご紹介していなかったのに、です。 そう、私だけでなく、先に店頭でこの記事を目にされた方も、読めば飲まずにいられないのです。 だって、3千円台なんですから♪ この記事を読んで、飲まずにいられる方がいらっしゃれば、どうしたらそんなに我慢強くなれるのか、教えて欲しいくらいです(笑) ロマネ・コンティは今や、100万円もザラ。 それでも、簡単に手に入るとも限らないという、超高嶺の花! でも、ロマネ・コンティは買えなくて、もコレなら、まとめ買いする勇気も起きるってもんです(笑) 3千円台で買える、 『リーマンのロマネ・コンティ』 入りました〜! ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ ド ラ マレシャル 1998 フェヴレ 赤ワイン tp S 人気SALE,HOT
ボンヌ マール グラン クリュ 2008 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S 人気
INFORMATIONNameBonne Mares Grand Cru Roche de Belleneブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ロッシュ・ド・ベレーヌ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/ボンヌ・マールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Bonnes Mare内容量750mlWA−/Issue −WS92/Issue Web Only - 2011※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ボンヌ マール グラン クリュ 2008 ロッシュ ド ベレーヌ 赤ワイン tp S 人気
ニュイ サン ジョルジュ 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン
■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 閉じ気味の中、 うっとりするような美しい赤黒果実香 にきれいな土が混じった、きっとメチャいい香り。 口に含むと前銘柄より酸が伸び、またそれに見合った美しい果実がミネラルとともに液体に詰まっている。そして、 やはり心地良い凝縮感 。 思いっきり、ナチュラルで、かつブルゴーニュしている味わいが見事だわ。 これもとても良く出来た村名ワイン 。冷涼感もたっぷり。 ◆今飲んで:91点 ◆ポテンシャル:92点 ◆飲み頃予想:今〜2038年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameNuits Saint Georges Phillippe Pacaletブドウ品種ピノ・ノワール生産者名フィリップ・パカレ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating あの世界最高値のワイン ロマネ・コンティの醸造長の 座を蹴った男! あの 『世界最高値』 が付く、 ロマネ・コンティ社の醸造長就任の誘い を断り、自らのドメーヌを立ち上げた後も、たとえ小さくとも、たとえ無名でも、良質な畑、良質な生産者への協力を惜しまないフィリップ・パカレ氏。 時に不可解と言われる ビオディナミの理論 を、理路整然と語り、その裏打ちされた信念のもとに生み出されるワイン、そしてパカレ氏自らが、同じ生産者達からも、大いに尊敬される存在です。 初リリースの2001年、そして昨年リリースした、2003ボジョレー・プリムールと、彼のワインは常に注目を浴びています。 華やかな話題が先行していますが、ここまで彼のワインが人を惹き付けるのは、本人が語るように、彼のワインは、 『頭ではなく、心に訴えかける』 ものがあるからではないでしょうか。 愛娘 に 『何故ワインを飲むの?』 と、聞かれた際、 『ワインはエネルギー飲料だからさ。』 と答える、と真顔で語っていらっしゃいましたが(笑)、それも納得してしまうほど、彼は常に冷静で、どんな物にも動じない雰囲気を持っています。 生産者が最も神経を尖らせる収穫前でさえ、彼ほど常に落ちつき、冷静な態度で臨む人は珍しいそうです。 自らの造るワインのエネルギーのお陰なんでしょうか。 そんな顔を持つ一方、来日の際に 飛行機に乗る事を嫌がり 、離陸時には 『自分の根っこが、大地から引き離されているようだ。』 と怯えたという、まさに自然を尊重する栽培者としての エピソードも(笑) そんな、今、そしてこれからも常に注目を浴びるであろう、フィリップ・パカレ氏のワインが到着ですっ! 輸入元さんに入荷すると、 アッと言う間に注文が殺到っ! どうぞ、お見逃しなくー!! 【フィリップ パカレ氏からのメッセージ】 <2006年物について> 一般的には、2006年はテロワール由来の ミネラルが顕著 に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸 と エレガントなミネラル を得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての 仕事ぶりが如実に味わいに表れる年 に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 『暖み』を感じる ムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、サントーバン・アン・レミィといったテロワールは、力強くリッチな味わいです。 また 『冷たさ』を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン・ミュルジェ、ダン・ド・シアン、シャブリ・プルミエクリュ、コルトン・シャルルマーニュといったテロワールは、リッチかつミネラル豊富です。 <日本のお客様にメッセージ> 最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。 ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。 是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい。 【ご理解下さい。】 フィリップ・パカレ氏は 自然な造りを信条 としています。 その為、通常酸化防止剤として使用されるSO2の使用を避ける為、瓶の中に二酸化炭素を注入、 液面をかなり高くする 等して、 酸化防止 をしています。 その為、気圧の変化による液漏れが輸送中に起こっている瓶が、多少なりともございますが、ワインの 品質に問題は無い ことは、フィリップ・パカレ氏 本人が認めています。 このような理由で、 このワインに関しては、 液漏れを理由とする返品・交換は致しかねます。 その点ご理解頂いた上で、お買い求め下さい。 ニュイ サン ジョルジュ 2016 フィリップ パカレ 赤ワイン
ニュイ サン ジョルジュ レ シャリオ 2015 ミッシェル グロ 赤ワイン S 安い,限定セール
INFORMATIONNameNuits Saint Georges Les Chaliots Domaine Michel Grosブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ミッシェル・グロ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ニュイ・サン・ジョルジュ/レ・シャリオRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Nuits Saint Georges/Les Chaliots内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating この蔵に、行ってきました! ワインも美味いが、 この人の人柄が最高♪ オート・コート・ド・ニュイの畑ホントに良い人!って感じのミッシェルさん 先日、 ヴォーヌ・ロマネ のミッシェル・グロさん宅を訪れました。 そう、父ジャン・グロ氏の後を継いだ、グロ3兄弟のご長男で、モノポール(=単独所有畑)の クロ・デ・レア をはじめとするワインを造っているドメーヌです。 特級畑は、クロ・ド・ブージョのみ。 父ジャン・グロの時代に所有していたリシュブールを、相続の際に妹にあげてしまったり、ヴォーヌ・ロマネの栽培組合長を務めたりと、 実直な人柄 が取上げられる、グロ家のお兄ちゃん。 99年春のワイナート誌に、組合長の事が書かれていて、今も現職というから、少なくとも4年はやってるこの職。 今現在も、 ラ・ターシュ の中に一部残る、他所有者に属する『ゴーディショ』という畑を買取り、ラ・ターシュをDRCの完璧なモノ・ポールにする為のお手伝いをしているそうです。 大変な役職を務めるミッシェルさんが、いかに周りから 信頼 されているかが垣間見えるエピソードでした。 そんな彼のワインは、人柄が良く反映された、素直なブドウの味わいを生かした造り。 一見控えめに見えて、しっかりとした味わいを感じさせる造りとでも言えば良いでしょうか。静かに長く、熟成していくタイプでもあると思います。 それを正に具現していたのが、その日に先立って、 夕食の席 で頂いた、 クロ・デ・レア 1988です。何とも言えない落ち着きのある優しさ、熟成しているのに若さを失わない 艶っぽさ…。 1995年まで、ジャン・グロ氏のラベルでしたが、実際にはもっと前からミッシェルさんがこのドメーヌを大きく担っていたそうですから、この1本にも、彼のスタイルがきっちりと生かされているようです。 色々なお話を伺いながら、2001年と2002年ヴィンテージを試飲させて頂きました。 そこで出た 結論 は、ありきたりですが、 『やっぱり、良いワインだなぁ。』 と言う事。畑の個性を反映した、丁寧に造られたワインです。 そこでハッ!!と、思い出したのが、 『あっ、2000年、実店舗でだけ売っちゃってた…。』 と言う事実。ゴメンナサイ、今、それぞれあまり数がありませんが、慌ててアップしました。 2000年初リリースのモレサンドニもあります!!(これ、結構凄い場所なんです。) ニュイ サン ジョルジュ レ シャリオ 2015 ミッシェル グロ 赤ワイン S 安い,限定セール
コトー ブルギニヨン ブラン 2014 ドメーヌ ルロワ 白ワイン 最新作,安い
ドメーヌ ルロワ入門編! ご存じのように、ルロワには、 《メゾン・ルロワ(=ネゴシアン・ルロワ)》 、 《ドメーヌ・ルロワ》 と、 《ドメーヌ・ドーヴネ》 という3種類あります。 値段は、メゾン・ルロワ(=ネゴシアン・ルロワ)<ドメーヌ・ルロワ<ドメーヌ・ドーヴネという感じで、うなぎ登りに高くなります(汗) そんな中、ドメーヌ・ルロワのなかでも 比較的手頃な価格 で買えるコトー ブルギニヨン ブランが入荷しました〜♪ 手頃とは言え、1万円を越えるワインなので、品質は保証付き! 『いつかはドーヴネを!』 と憧れている人は、まずは、こちらをお試し下さい♪ INFORMATIONNameCoteaux Bourguignons Blanc Domaine Leroyブドウ品種シャルドネ100%生産者名ドメーヌ ルロワ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 泣く子も黙る… ブルゴーニュの大御所っ! 畑には、シャネルを着ていく 伝説の造り手っ! ラルー・ビーズ・ルロワと言えば、泣く子も黙る世界ワイン業界の 大御所中の大御所! 一番下のクラスのブルゴーニュ・ルージュでもあれほど感激できるんだから、この造り手は相当のものだと思います。 ブルゴーニュでも トップ・クラス の造り手であることは間違いありません。 上のクラスのワインは目が飛び出そうな程高価なものですが、生産量が笑ってしまうほど少ないので、我々でさえ入手できることは 稀です(;^^) でも、それがルロワの魅力だったりするんですよねっ♪ コトー ブルギニヨン ブラン 2014 ドメーヌ ルロワ 白ワイン 最新作,安い
シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 最新作,HOT
INFORMATIONNameChablis Grand Cru Vaudesir Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ヴォーデジールRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Vaudesir内容量750mlWA(90 - 91)+/Issue 30th Oct 2008WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ヴォーデジール 2006 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン S 最新作,HOT
ムルソー プルミエ クリュ レ シャルム 2016 ルイ ジャド 白ワイン S 新作入荷,SALE
INFORMATIONNameMeursault Premier Cru Charmes Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ムルソー/シャルムRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Meursault/Charmes内容量750mlWA(89 - 91)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ムルソー プルミエ クリュ レ シャルム 2016 ルイ ジャド 白ワイン S 新作入荷,SALE
ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 新品,安い
熟成プルミエ クリュが、1万円台で! ブルゴーニュの名門ルイ ラトゥールから、 貴重なプルミエ・クリュの熟成物 が入荷しました〜♪ 最近は、プルミエ クリュの熟成物を見つけること自体が、非常に難しくなっています。 そんな中、ルイ ラトゥールのボーヌ ペリエールの 1985年物が、1万円台 で買えるのは、嬉しい限り! 数に限りがあるので、 ブルゴーニュ好き は、お早めにお買い求め下さい!! 透けて見えるオレンジを帯びた色合いが非常に美しく、 熟成を伴う香り がグラスから立ちこめてきます。 レーズンやイチジク の滋味深い果実味、 枯葉や茶葉のニュアンス に奥のほうにはタバコ。八角や丁子、五香粉といった中華系スパイスもほんのりと。角が取れ円熟した味わいは じんわりと身体に染み渡ってきます 。 高騰が続くブルゴーニュで、 1級畑の熟成モノ 、しかもこのような美しく時を刻んだものとめぐり会える機会はなかなかないのでは!? (2018年10月21日試飲) INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Perrieres Rouge Louis Latourブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 新品,安い
シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン お買い得,安い
INFORMATIONNameChablis Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリRegionFrance/Bourgogne/Chablis内容量750mlWA(87 - 89)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン お買い得,安い
ブルゴーニュ ブラン 2016 ユドロ バイエ 白ワイン
■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ ミネラリーで心地良い柑橘香 、そして村名クラス同等の目の詰まり感がいい。口に含むとこりゃ美味しい。甘すぎる感のあった15年に比べて 全てがジャストバランスといった味わい で、 とりわけ酸がきれいに伸びるところがいい (決して酸っぱいものではない)。いで立ちの正しいニュアンスのある、良く出来たACブルブラン。 ◆今飲んで:88点 ◆ポテンシャル:88点 ◆飲み頃予想:今〜2033年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameBourgogne Blanc Hudelot Bailletブドウ品種シャルドネ生産者名ユドロ・バイエ産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA84/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《ブルゴーニュの新星》 数量限定! 今や、超入手難! 『新ブルゴーニュ』 を代表するひとりとして、一躍その名を知られるようになったのが、確か、5年ほど前の事。 【ワイン専門誌の評価】 『進化が止まらない』 『この感触は、何かに似ていると思ったら、それは同じ シャンボルの天才 、クリストフ・ルーミエが』 (『リアル・ワイン・ガイド誌23号』より抜粋) と、年々、向上し続ける造り手のレベルに惜しみない称賛を与えられ、 瞬く間に入手難 になりました。 そんなユドロ・バイエ。最初の過熱気味の人気は落ち着きを見せ、今、 本当の意味で、評価される時 がやってきています。 そして、その実力は 『本物』と、実感する機会 に恵まれました。 先日、友人とのホーム・パーティーでの事。ユドロ・バイエのブルゴーニュ・ルージュの2007年が、持ち込みワインの中にあったのです。 2007年といえば、ユドロ・バイエとしては、あまり高く評価されなかった年。 でも、そのワインは、とてもバランスの取れた、心地よい果実味が広がる、 ピノ好きを魅了する味わい になっていたのです♪ 当日は、『ワインは飲むけど、詳しくない。』というメンバーも含んでいたのですが、そんなメンバーをも… 『あっ、コレ美味しい♪』 と、ひと口で言わせてしまったほど! それまでにも、既に数本のワインが開き、その後、某有名ドメーヌのヴォルネイ一級の1994年が開いたにも関わらず、そのメンバーは 『あっちの方が好き!』 と、言っていました(^_^;) そう、ユドロ・バイエとしては、おそらくこの5年でも、最も評価が高くなかったと思われる、2007年で、 この魅了ぶり! 残念ながら、2007年のブルゴーニュ・ルージュは売り切れてしまいましたが、パストゥグランとシャンボール・ミュジニーVVなら、ご用意出来ます! そして、 待望の2009年が入荷! 『リアルワインガイド誌』 でも、その出来栄えを讃えられています! ■『リアルワインガイド誌34号』より抜粋■ 『09年のバイエは絶対に良いワイン』だ。 果たしてその予想はピタリと当たり、下位〜上位の全てのワインがそのクラスに応じてとても良い仕上がり。 ACブルはほとんど村名クラス かという中身の充実ぶりと味つきの良さだ。 そして 上位のワインはさすがの出来。 確かに09年のキャラがキチンと出ていて皆甘く、酸度がやや低いがワインはジューシーでみずみずしく、とても美味しい。 ユドロ・バイエ・ファンは安心してこの09年を購入できるし、未飲の方は 是非試してみて欲しい。 折角、一時の入手難ぶりが収まったのに、また 2009年で、再燃しそうな勢いです(汗) そして、 その実力は本物に! ユドロ・バイエ、 ご紹介します!! ブルゴーニュ ブラン 2016 ユドロ バイエ 白ワイン
シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ アベイ ド モルジョ 2015 ドメーヌ ルイ ジャド 白ワイン tp S 新作登場,豊富な
INFORMATIONNameChassagne Montrachet Premier Cru Abbaye de Morgeot Louis Jadotブドウ品種シャルドネ生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/シャサーニュ・モンラッシェ/アベイ・ド・モルジョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Chassagne Montrachet/Abbaye de Morgeots内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャサーニュ モンラッシェ プルミエ クリュ アベイ ド モルジョ 2015 ドメーヌ ルイ ジャド 白ワイン tp S 新作登場,豊富な
ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 本物保証,限定SALE
熟成プルミエ クリュが、1万円台で! ブルゴーニュの名門ルイ ラトゥールから、 貴重なプルミエ・クリュの熟成物 が入荷しました〜♪ 最近は、プルミエ クリュの熟成物を見つけること自体が、非常に難しくなっています。 そんな中、ルイ ラトゥールのボーヌ ペリエールの 1985年物が、1万円台 で買えるのは、嬉しい限り! 数に限りがあるので、 ブルゴーニュ好き は、お早めにお買い求め下さい!! 透けて見えるオレンジを帯びた色合いが非常に美しく、 熟成を伴う香り がグラスから立ちこめてきます。 レーズンやイチジク の滋味深い果実味、 枯葉や茶葉のニュアンス に奥のほうにはタバコ。八角や丁子、五香粉といった中華系スパイスもほんのりと。角が取れ円熟した味わいは じんわりと身体に染み渡ってきます 。 高騰が続くブルゴーニュで、 1級畑の熟成モノ 、しかもこのような美しく時を刻んだものとめぐり会える機会はなかなかないのでは!? (2018年10月21日試飲) INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Perrieres Rouge Louis Latourブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ラトゥール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating トップ3を独占! 早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きは、必見 今日、コルトンきっての大地主は ルイ・ラトゥール である。コルトンの各所に計16.94ヘクタール、コルトン・シャルルマーニュに9.65ヘクタール、合わせて26.54ヘクタールの所有畑は、 コルトン・グラン・クリュの総面積 160ヘクタールの実に 6分の1に及ぶ 。これらの畑は19世紀末に当時のブルゴーニュ議会議長グランセイ伯爵から買い取ったものだ。 メゾンのワインでもとりわけ有名なシャトー・コルトン・グランセイは、クロ・デュ・ロワ、ブレッサンド、ショーム、プージェ、ペリエール、グレーヴの各リューディから 樹齢40年以上の古木のみ を集めたもの。一方、丘の麓、南東向き斜面にある2.5ヘクタールのモノポール畑、クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンのみ単独で瓶詰めされる。 『ブルゴーニュの赤ワインからイチゴやフランボワーズの香りがしてがいけない。それは南のピノ・ノワールの香りです。ブルゴーニュの場合はもっと小さな実、 カシス や グロゼイユ の香りがするものです。』と、36年にわたりルイ・ラトゥールのワイン造りを担ってきたドゥニ・フェッツマンは言う。たしかに12日間のキュヴェゾンなど過度な抽出を避けた造りとも関係し、ルイ・ラトゥールのコルトンは香りも味わいも 全体に軽やかで丸みを帯びている 。03年の香りだけは『煮詰めたフランボワーズ』と表現したくなったが… シャトー・コルトン・グランセイとクロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サンの違いを見つけるのは難しい。メゾンにも序列があるわけではない。あえて言えば、南向きでつねに強い日光を受ける後者のほうが、若干だが男性的に感じられる。 ( 『ワイナート誌54号』 より抜粋)『この1〜2年のあいだに味わったワインの中で、 もっとも印象に残った一本 は、ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァン1985年だった。 〜中略〜 何故 ルイ・ラトゥールのロマネ・サン・ヴィヴァンはそんなにおいしいのか。』 『今回の取材の白眉である。その高品質は知ってはいたが、それでも現地で味わったロマネ・サン・ヴィヴァンは、 新鮮な驚き だった。』 『ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァンの区画は、まさにその ロマネ・コンティに接する部分 である。そればかりか、中でも北側の、若干盛り上がった、水はけの良さそうな部分であり、常識的に考えて、ここが 最良の区画 だと言える。ブルゴーニュにおいては、よい区画の畑が良いワインを生み出すのは、当然の事なのだ。』 ( 『ワイナート誌41号』 より抜粋) これ以上無いかのような 賛辞 を送られた、ルイ・ラトゥールのロマネ・サンヴィヴァン。 この言葉を裏付けるかのように、 同誌 の『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュ・テイスティング』で、 1位2位、3位 全てにヴィンテージ違いでランク・イン、その 揺ぎ無い実力 を見せつけました。 この記事を読み、今までのルイ・ラトゥールのイメージが、ガラッと変わった方も多いのではないでしょうか。 ワイン専門誌に記事を書くプロが… 『1〜2年の中でもっとも印象に残った1本』 と語り、 ルロワ やリジェ・ベレールを制し… 『ヴォーヌ・ロマネ・グラン・クリュのベスト』 と評したその味わいを、味わってみたくなった方も多いはずです。 そして、そんな皆さんの思いを叶えるべく、遂に入手に成功しました! しかも、1〜3位に登場した、2002年、2003年、2005年が同時入荷です♪ 豪華3本平行飲み比べが実現出来ちゃいます! 財布に余裕のある方限定ですが…(;^^) でも、同じく名を連ねる他の著名生産者の価格を思うと、この価値からして、価格も納得ではないでしょうか。 ロマネ・コンティ に接する区画から生み出されるこの一本が、皆さんにとっても数年に一度しか出会えない、素晴らしい一本になるかもしれません。 並み居る競合を押さえ、 トップ3独占! 奇跡の3ヴィンテージ同時入荷です! ボーヌ プルミエ クリュ ペリエール 1985 ルイ ラトゥール 赤ワイン tp S 本物保証,限定SALE
マルサネ ブラン クロ デュ ロワ 2015 ジャン フルニエ 白ワイン S 送料無料,本物保証
INFORMATIONNameMarsannay Clos du Roy Blanc Jean Fournierブドウ品種シャルドネ生産者名ジャン・フルニエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/マルサネRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Marsannay La Cote内容量750mlWA−/Issue −WS(89 - 91)/Issue 28th Apr 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 《Best of 2016》 《ブルゴーニュ部門》 『マルサネとフルニエの魅力が全開だ。』 『ワイン・アドヴォケイト誌』のブルゴーニュ担当テイスター、ニール・マーティン氏が選ぶ 『Best of 2016』 。 その中で、ブルゴーニュ3本のうちの1本に取り上げられたのが、ジャン・フルニエの手掛ける、ブルゴーニュ・シャピトルV.V.2014でした! 『ローラン・フルニエは、美味しいピノ・ノワールを造るのに、法外な価格のプルミエ・クリュやグラン・クリュが必要という訳ではないという事を証明した。』 (『ワイン・アドヴォケイト』サイトより抜粋) ACブルゴーニュが選ばれた事に、ビックリでしたが、そのワインがいかに、 クラスを超えて品質が高い のかを語られているのを読み、納得。 そうなれば、この 大きな可能性を秘めたドメーヌ が気にならない訳ありません! 早速確認したところ、まったく同じキュベは無かったものの、別のACブルゴーニュ、そして、ジャン・フルニエの本拠地マルサネのワインを入手することに成功! さっそくご紹介をと思ったところ、『リアルワインガイド誌』でも、ジャン・フルニエが 高評価 で紹介されていました! ■『リアルワインガイド誌56号』より抜粋■ もともと力強いワインがジャン・フルニエお得意仕様だが、ヴィンテージキャラが加わって強さと優しさと味わい豊かさとフィネスが混じり合ったもの。 そのどれものクオリティが高く、 マルサネとフルニエの魅力が全開だ 。 更に、輸入元さんの資料にも、 ■輸入元様資料より抜粋■ 『ブルゴーニュは新しい世代に入った。 その中でも 最も輝きを放ち才能ある生産者の一人 。』 ベタンヌは『ジャン・フルニエ』当主『ローラン』をこう評価した。 と、仏・米・日と、 世界でその実力がすでに注目 されていることが分かったのです! マルサネといえば、今、ブルゴーニュの新たな可能性を秘めた土地として、注目される地。 その中でも、大きな注目を集める、ジャン・フルニエは、この先、 ますます話題の人となりそうです 。 いち早くその実力を味わうなら、今です! マルサネ ブラン クロ デュ ロワ 2015 ジャン フルニエ 白ワイン S 送料無料,本物保証
ミュジニー グラン クリュ 2014 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン 数量限定,定番
INFORMATIONNameMusigny Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニー/ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Chambolle Musigny/Musigny内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ミュジニー グラン クリュ 2014 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン 数量限定,定番
ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ クロ デ レア 2013 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 低価,最新作
漫画『神の雫』に登場! 『週刊モーニング2018.6.21号』に、2009年物が掲載されました! 漫画『神の雫〜マリアージュ〜』 で、 北京ダック とのマリアージュ候補として、ミッシェル・グロを代表する1級畑、 《クロ・デ・レア》 が登場! 『八角やニッキの東洋的なアロマが、この畑に特徴的に現れる。』 と描かれてました。 それを聞いて、飲んでみたいと思うのは、私だけじゃないはず! 作中で登場したのは2009年ですが、この 2013年は《ワイン・アドボケイト誌》 で… 『90〜91点!』 飲み頃も2016〜2030年 とあるので、直ぐにでも楽しめます♪ INFORMATIONNameVosne Romanee Premier Cru Clos des Reas Domaine Michel Gros ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ミッシェル・グロ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴォーヌ・ロマネ/クロ・デ・レアRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Vosne Romanee/Clos des Reas内容量750mlWA(90 - 91)/Issue 2nd Jan 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating この蔵に、行ってきました! ワインも美味いが、 この人の人柄が最高♪ オート・コート・ド・ニュイの畑ホントに良い人!って感じのミッシェルさん 先日、 ヴォーヌ・ロマネ のミッシェル・グロさん宅を訪れました。 そう、父ジャン・グロ氏の後を継いだ、グロ3兄弟のご長男で、モノポール(=単独所有畑)の クロ・デ・レア をはじめとするワインを造っているドメーヌです。 特級畑は、クロ・ド・ブージョのみ。 父ジャン・グロの時代に所有していたリシュブールを、相続の際に妹にあげてしまったり、ヴォーヌ・ロマネの栽培組合長を務めたりと、 実直な人柄 が取上げられる、グロ家のお兄ちゃん。 99年春のワイナート誌に、組合長の事が書かれていて、今も現職というから、少なくとも4年はやってるこの職。 今現在も、 ラ・ターシュ の中に一部残る、他所有者に属する『ゴーディショ』という畑を買取り、ラ・ターシュをDRCの完璧なモノ・ポールにする為のお手伝いをしているそうです。 大変な役職を務めるミッシェルさんが、いかに周りから 信頼 されているかが垣間見えるエピソードでした。 そんな彼のワインは、人柄が良く反映された、素直なブドウの味わいを生かした造り。 一見控えめに見えて、しっかりとした味わいを感じさせる造りとでも言えば良いでしょうか。静かに長く、熟成していくタイプでもあると思います。 それを正に具現していたのが、その日に先立って、 夕食の席 で頂いた、 クロ・デ・レア 1988です。何とも言えない落ち着きのある優しさ、熟成しているのに若さを失わない 艶っぽさ…。 1995年まで、ジャン・グロ氏のラベルでしたが、実際にはもっと前からミッシェルさんがこのドメーヌを大きく担っていたそうですから、この1本にも、彼のスタイルがきっちりと生かされているようです。 色々なお話を伺いながら、2001年と2002年ヴィンテージを試飲させて頂きました。 そこで出た 結論 は、ありきたりですが、 『やっぱり、良いワインだなぁ。』 と言う事。畑の個性を反映した、丁寧に造られたワインです。 そこでハッ!!と、思い出したのが、 『あっ、2000年、実店舗でだけ売っちゃってた…。』 と言う事実。ゴメンナサイ、今、それぞれあまり数がありませんが、慌ててアップしました。 2000年初リリースのモレサンドニもあります!!(これ、結構凄い場所なんです。) ヴォーヌ ロマネ プルミエ クリュ クロ デ レア 2013 ミッシェル グロ 赤ワイン tp S 低価,最新作
シャブリ プルミエ クリュ ヴァイヨン 2016 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン S 本物保証,限定セール
INFORMATIONNameChablis Premier Cru Vaillon Rene et Vincent Dauvissatブドウ品種シャルドネ生産者名ヴァンサン ドーヴィサ産地フランス/ヨンヌ/シャブリRegionFrance/Yonne/Chablis内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 名実ともに 『最高のシャブリ』 といえば、この人! ご覧になりましたか? 『ワイナート誌56号』 の特集… 『シャブリ〜新時代のシャルドネ』 この誌面には… 【誌面の記事】 造り手の世代交代が進み、 真のポテンシャルを発揮 しつつある今、 テロワール をもっとも純粋に映し出すワインとして、シャブリは見直されてしかるべき存在なのだ。 私たちも、2009年頃からシャブリのご紹介に力を入れていますが、今回、 『ワイナート誌56号』 に掲載の造り手の中にも、タカムラでご紹介している、名手たちのワインが沢山登場しています! そんな中でも、共にシャブリの名手として取り上げられ、比べられることが多く、 入手難 でも知られる、 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 をご紹介します! 実はつい先日、 フランスの名店 で修行をした方が、シェフを務める話題の新店に出かけた際の事。 お店には、フランスのシャブリ地方の畑や、ブルゴーニュ地方から持ち帰った《石》が飾られるほど、 シェフはワインが好き だったのですが、そこのセラーに、堂々と飾られていたシャブリこそ… そう! 『ドーヴィサ』 と、 『ラヴノー』 だったのです! 共に名実ともに 『最高のシャブリ』 を知るに欠かせない造り手です!! それでは早速、ご紹介します!! 《小樽使い》 であり、しかも 《ビオディナミ》 の採用が特徴とされる、ドーヴィサのシャブリは、必飲です。 ■沸き出るエネルギー■ 『樽だろうとタンクだろうと、またその樽が新しかろうと古かろうと、ワインの品質の 決定的な要因にはなりません 』 と、肩をすくめてヴァンサン・ドーヴィサは言う。彼のシャブリから湧出するエネルギーは、カーヴの中ではなく、 畑にて生みだされしもの 。 〜中略〜 カーヴに戻って試飲した07年のレ・クロ。 難しいヴィンテージ にもかかわらず、グラスの底から湧き上る 荘厳な風味 にしばし言葉を失った。発酵をタンクで行う以外に50年前と変わらぬヴァンサン・ドーヴィサの古典的シャブリは、 ビオディナミ によってさらに一段の高みに昇ったようだ。 (『ワイナート誌56号』より抜粋) を感じる味わいを満喫♪ やはり、 ドーヴィサは素晴らしい! 今回は、そんなドーヴィサの、2008年&1994年をご紹介! 若さに満ちた一本 か、そのポテンシャルを知るには欠かせない、 熟成ものか? 悩ましすぎて、どっちも欲し〜い(笑) シャブリ プルミエ クリュ ヴァイヨン 2016 ヴァンサン ドーヴィサ 白ワイン S 本物保証,限定セール
オーセイ デュレス ブラン レ クレ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S HOT
■ワイン名(原語)/Auxey-Duresses Les Crais 2013 Domaine de Chassorney ■色/白ワイン ■味わい/辛口 ■ブドウ品種/シャルドネ ■生産者名/ドメーヌ・ド・シャソルネイ ■産地/フランス/ブルゴーニュ ■原産地呼称/AOCオクセイ・デュレス ■生産年/2013 ■内容量/750ml ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!! オーセイ デュレス ブラン レ クレ 2013 ドメーヌ ド シャソルネイ 白ワイン S HOT
シャンボール ミュジニー 2014 ミッシェル グロ 赤ワイン S 赤字超特価,品質保証
INFORMATIONNameChambolle Musigny Domaine Michel Gros ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ミッシェル・グロ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Chambolle Musigny内容量750mlWA(90 - 92)/Issue 31st Dec 2015WS89/Issue Web Only - 2017※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating この蔵に、行ってきました! ワインも美味いが、 この人の人柄が最高♪ オート・コート・ド・ニュイの畑ホントに良い人!って感じのミッシェルさん 先日、 ヴォーヌ・ロマネ のミッシェル・グロさん宅を訪れました。 そう、父ジャン・グロ氏の後を継いだ、グロ3兄弟のご長男で、モノポール(=単独所有畑)の クロ・デ・レア をはじめとするワインを造っているドメーヌです。 特級畑は、クロ・ド・ブージョのみ。 父ジャン・グロの時代に所有していたリシュブールを、相続の際に妹にあげてしまったり、ヴォーヌ・ロマネの栽培組合長を務めたりと、 実直な人柄 が取上げられる、グロ家のお兄ちゃん。 99年春のワイナート誌に、組合長の事が書かれていて、今も現職というから、少なくとも4年はやってるこの職。 今現在も、 ラ・ターシュ の中に一部残る、他所有者に属する『ゴーディショ』という畑を買取り、ラ・ターシュをDRCの完璧なモノ・ポールにする為のお手伝いをしているそうです。 大変な役職を務めるミッシェルさんが、いかに周りから 信頼 されているかが垣間見えるエピソードでした。 そんな彼のワインは、人柄が良く反映された、素直なブドウの味わいを生かした造り。 一見控えめに見えて、しっかりとした味わいを感じさせる造りとでも言えば良いでしょうか。静かに長く、熟成していくタイプでもあると思います。 それを正に具現していたのが、その日に先立って、 夕食の席 で頂いた、 クロ・デ・レア 1988です。何とも言えない落ち着きのある優しさ、熟成しているのに若さを失わない 艶っぽさ…。 1995年まで、ジャン・グロ氏のラベルでしたが、実際にはもっと前からミッシェルさんがこのドメーヌを大きく担っていたそうですから、この1本にも、彼のスタイルがきっちりと生かされているようです。 色々なお話を伺いながら、2001年と2002年ヴィンテージを試飲させて頂きました。 そこで出た 結論 は、ありきたりですが、 『やっぱり、良いワインだなぁ。』 と言う事。畑の個性を反映した、丁寧に造られたワインです。 そこでハッ!!と、思い出したのが、 『あっ、2000年、実店舗でだけ売っちゃってた…。』 と言う事実。ゴメンナサイ、今、それぞれあまり数がありませんが、慌ててアップしました。 2000年初リリースのモレサンドニもあります!!(これ、結構凄い場所なんです。) シャンボール ミュジニー 2014 ミッシェル グロ 赤ワイン S 赤字超特価,品質保証
シャブリ グラン クリュ ブーグロ コート ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 超激得,100%新品
■『ワイン・アドヴォケイト232号』より抜粋■ The 2016 Chablis Grand Cru Bougros Cote de Bouguerots has a very intense , quite mineral-driven bouquet with flint aromas developing all the time in the glass as it gains intensity. The palate is well balanced with fine salinité on the entry. I appreciate the vivacity of this grand cru—there is plenty of energy locked in here and an edginess on the finish that is very appealing, notwithstanding the prolonged spicy aftertaste. Superb . ◆パーカーポイント:93-95点 ◆飲み頃予想:2020〜2035年 INFORMATIONNameChablis Grand Cru Bougros Cote Bouguerots Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリ/ブーグロRegionFrance/Bourgogne/Chablis/Bougros内容量750mlWA(93 - 95)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ グラン クリュ ブーグロ コート ブーグロ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 超激得,100%新品
マコン クリュジーユ 2015 ブレット ブラザーズ 白ワイン S 定番
■輸入元様資料より抜粋■ 北マコネ、 クリュジーユ村 はマコン+村名表記が認められている26箇所の中でも 最も評価の高い一つ 。 畑一帯は携帯電話の電波が届かない隔離された片田舎で土壌は 真っ白な石灰質が強い 。 ミネラル感が強く 、 クリスピーでタイトな酒質 を持つ。 INFORMATIONNameMacon Cruzille Bret Brothersブドウ品種シャルドネ生産者名ブレット ブラザーズ産地フランス/ブルゴーニュ/マコネ/マコン・クリュジーユRegionFrance/Bourgogne/Maconnais/Macon-Cruzille内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マコン クリュジーユ 2015 ブレット ブラザーズ 白ワイン S 定番
クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 グロ フレール エ スール 赤ワイン S HOT,得価
『これまでで最高かも。』 『彼の意気込みは本物だ』『今後がマジに楽しみだ。』 (《リアルワインガイド62号》より抜粋) と、2016年から独り立ちした息子、ベルナール氏のポジティヴな変化を高く評価されている、グロ フレール エ スール。 先日私も、オート・コート・ド・ニュイの赤白を試飲しましたが、確かに変わっています! 味わいの豊かさや細かさがグッと鮮明に! そんな2016年が入荷です! ■『リアルワインガイド誌64号』より抜粋■ この年からワイン名のお尻についていた『ミュジニー』を取った。 そして例年キチンと表現されているクロヴージョの野太さ少なく、繊細で緻密な面も持ち合わせている。 これまでで最高かも。 INFORMATIONNameClos Vougeot Grand Cru Domaine Gros Frere et Soeurブドウ品種ピノ・ノワール生産者名グロ・フレール&スール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ヴージョ/クロ・ド・ヴージョRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Vougeot/Clos Vougeot内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 子供が、そのまま大人に?! ベルナール・グロは、 グロ一族の中でも、異色かも(笑) ご存知!ジャン・グロの息子ベルナール・グロが造るのが、このグロ フレール エ スールです。 90年代は、父のジャン・グロや、長男の ミッシェル・グロ ばかり注目されていましたが、最近は、次男坊ベルナール・グロが造る、グロ・フレール・エ・スールが 世界的 に評価が上がっています。 確かに飲んでみると、 噂に違わず素晴らしい出来栄え! その上、値段もかなりお手頃です♪ 長男のミッシェルと、次男ベルナールには直接会った事がありますが、全く性格が違い、 『ホントに兄弟なの?!』 と聞きたくなるくらいです。 『ワインの味には、造り手の人間像が反映される。』言われますが、次男ベルナール・グロに 会ってみると、『なるほど♪』 と思えます(笑) その人物像は如何に?! 【ベルナール・グロの人物像】 1:世の常に違わず、次男の彼は冗談好きでオチャメな性格。 2:子供がそのまま大きくなったような子供っぽさが残る。 3:その反面、急に考え込んでしまう事も。 4:ワインの味わいは、味わいのハッキリとした当世風。 5:新しい物好きで、好奇心旺盛。 上記写真のように、 興が乗ればピアノまで弾いちゃいます(笑) そんな彼が造るワイン、是非、味わってみて下さい。 奇才(?)ベルナール・グロさん セラーを拡張中!壁の裏側は、なんとロマネ・コンティのヴィレーヌさん宅です。 自分も畑に出ている事が良くわかる程、かなり彫りの深い手でした。 クロ ヴージョ グラン クリュ 2016 グロ フレール エ スール 赤ワイン S HOT,得価
シャンベルタン クロ ド ベーズ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 安い,お買い得
INFORMATIONNameChambertin Clos de Beze Grand Cru Domaine Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ ルイ ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/ジュヴレ・シャンベルタン/シャンベルタン・クロ・ド・ベーズRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Gevrey Chambertin/Chambertin Clos de Beze内容量750mlWA(94 - 96)/Issue 30th Dec 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャンベルタン クロ ド ベーズ グラン クリュ 2016 ドメーヌ ルイ ジャド 赤ワイン S 安い,お買い得
シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ グリュアンシェール ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 新作入荷,大得価
INFORMATIONNameChambolle Musigny Premier Cru Les Gruenchers Vieilles Vignes V.V. Domaine Fourrierブドウ品種ピノ ノワール生産者名ドメーヌ フーリエ産地フランス/ブルゴーニュ/コート ド ニュイ/シャンボール ミュジニー/グリュアンシェールRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny/Les Gruenchere内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 哲学者?詩人? 純粋主義者が造る 素晴らしいブルゴーニュ! 一部の人の楽しみで終わってしまうほど、日本への入荷もままならないので、ご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、 このまま知らずにいるのは、勿体無い と思います。 かと言って、さほど数がご用意出来ないのが、 本当に悩ましい というのも、正直なところ。 それが、1971年生まれの、ジャン・マリー・フーリエ氏が手掛ける、ドメーヌ・フーリエ。 一級と特級が、所有面積の70%を占めるという、恵まれた環境にあるフーリエ。 ジャン・マリー氏は、ボーヌのワイン学校を卒業後、ブルゴーニュ大学の醸造講座に通い、その後、アンリ・ジャイエ、父、オレゴンのジョセフ・ドルーアンの元での修行を経て、若干23歳の若さでドメーヌを継承しました。 『その誰でもない、自分だけのワイン造り、哲学がある。』 ジャン・マリー氏のその言葉に、 嘘が無い 事は、彼のワインが、証明しています。 【ワイン雑誌のコメント】 ジャン・マリー・フーリエは、 とことん純粋主義者 だった。 良いワインを造るための労力はいとわない。また、 商業主義を嫌い 、自分がやるべきこと、造るべきワインの スタイルを第一に 考えている。 (『リアル・ワイン・ガイド誌』21号より抜粋) ブルゴーニュ・ワインの権威 、クライヴ・コーツ氏が2008年に、英国の 『デキャンター誌』 で発表した… 『ブルゴーニュの新星とスーパー・スター』 という特集で、『ルフレーヴ』や、『アンヌ・グロ』などが選ばれた三ッ星に次ぐ、二ツ星ドメーヌとして、堂々、選ばれるほどの実力! 更に、 ロバート・パーカー氏 にも高い評価を受ける彼のワインは、日本だけでなく、世界的に引っ張りだこなのですが、これほどの世界的注目を浴びながら、 『純粋主義者』 で居続けるジャン・マリー・フーリエ。 そんなフーリエ氏に、どうしても会ってみたくなり、遂に、ドメーヌを 訪問する機会を得ました! 当日出迎えてくれたフーリエ氏。見るからに温和そうな顔立ちと、柔らかな話しぶり、会話の節々には、経験の豊富さ、聡明さが伺え、 まるで、哲学者か詩人ような空気を放っています。 ワインの酸化の話に触れた際は、化学式から始まり、コルクから保存に至るまでを語るその思いには、造り手としてだけでなく、いかに、飲み手に美味しく飲んでもらうかまでに気を配るその姿勢が伺えます。 【思い】 『畑での仕事を誠実に行う事で、ワインの出来は良くなる。 良い植物学者になれば、良いワインが出来る んだ。』 そう言いながらも、美しく整えられた清潔なセラーにも、 彼の仕事の丁寧さが随所に 感じられます。 一部の樽の表面に、蝋を塗り、酸化熟成の違いを見たり、通常より小さな樽で仕込む試みを行ったり、今の素晴らしい出来にも甘んじない、より良い物への拘りが伺えます。 訪問時、暫く不順な天候が続いた後、久しぶりに訪れた、昨日の晴天に… 『昨日、ワイン雑誌の取材が入っていたんだけど、どうしても畑に出る必要があったから、妻に取材を任せて、僕は畑に出た。申し訳なかったけど。』 世にも高い評価を受けるこの目の前の人の、 ただ純粋に、ワインの事を考えつつ、決して奢らないその人柄 に、今一度、彼のワインの純粋さは、彼そのものなんだと実感しました。 フーリエのワインは、ジャン・マリー・フーリエ氏本人の人柄と同じく、純粋で、 人の心を打つ 、素晴らしいワインであるという事。 ジャーナリストも、飲み手も、彼のワインを愛する人誰もが行き着くその答え。 訪問で見聞きしたそのひとつひとつは、フーリエ氏のワインが、何故、人の心を動かすのかを物語っていました。 今回の訪問で、最も印象的だったのは… お人柄を感じる話】 『 98点の取れるワインではなく 、1日目に美味しくて飲みきってしまい、2日目にもまた、同じそのワインを飲みたくなるようなワインを造りたい。 美味しいワインを見つけるなら、そのワインを街に並べて、一般の人に飲んでもらえば良いのさ。 ボトルが真っ先に空になったワイン、それが、一番なんだから。 』と、いう言葉です。 皆さんも、ジャン・マリー・フーリエ氏の 人柄を感じて頂けるのではないでしょうか。 世界各地で、メディアに取り上げられるフーリエですが、畑で、そして、セラーでの細やかな配慮ある仕事を、ひたすら真面目に行うフーリエ氏に見えているのは、 ただひたすら、彼のワインを愛し、飲んでくれる人の笑顔だけなのです。 そんなフーリエのワイン、初リリースも含め、入荷しました。 1人でも多くのお客様に、 フーリエの人柄 と、 ワインの美味しさ を感じてもらえたら嬉しいです。 シャンボール ミュジニー プルミエ クリュ レ グリュアンシェール ヴィエイユ ヴィーニュ V.V. 2016 ドメーヌ フーリエ 赤ワイン S 新作入荷,大得価
ヴォルネイ プルミエ クリュ クロ ド ラ ブスドール 2013 ラ プス ドール 赤ワイン 最新作,高品質
INFORMATIONNameVolnay Premier Cru Clos de la Bousse d'Or (M) La Pousse d'Orブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ヴォルネイ/クロ・ド・ラ・ブスドール(モノポール)RegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Volnay/Clos de la Bousse d'Or内容量750mlWA(91 - 93)/Issue 30th Dec 2014 WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! ヴォルネイ プルミエ クリュ クロ ド ラ ブスドール 2013 ラ プス ドール 赤ワイン 最新作,高品質
シャブリ キュベ ラ ビュット 2015 ヴェルジェ 白ワイン S 定番,格安
■輸入元様資料より抜粋■ 1級畑ビュトーに隣接する区画。 南東向きで石灰分を多く含む急斜面。毎年低収量の区画(2015年は40hl/haのみ)。 水平型ステンレスタンクで12月中旬まで発酵。 そのまま澱引きせずバトナージュも行わずに熟成。 グレープフルーツや牧草のようなさわやかで強い香り。 この区画の特徴である 良質なミネラルが印象的 。 2015年はシャブリの中でも特に 完璧な糖と酸のバランス を得ることができた。 白い花や綺麗に熟した 柑橘の皮 、ミネラルのスモーキーさが美しく艶やかに香ります。 味わいにも、艶のある滑らかな酸味と旨みが調和し、そこに豊富ながら細やかなミネラルが散りばめられ、 シャブリらしいミネラルの美味しさ を堪能しつつも、飲み心地の良さが楽しめます。 余韻にはグッと ミネラルの塩っぽさ が全面に感じられ、最後までその魅力を存分に楽しませてくれるのは、さすが、 白ワインの天才、ヴェルジェです! INFORMATIONNameChablis Cuvee de la Butte Vergetブドウ品種シャルドネ生産者名ヴェルジェ産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリRegionFrance/Bourgogne/Chablis内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ屈指の 造り手が誇る バリュー・ワインの決定版! ご覧になった方、いらっしゃいますか? 毎回取り上げられるワインが話題になる、 『BRUTUS誌』ワイン特集 の姉妹版といえる、 『Hanako』 の、5月25日号、ワイン大特集。 その中で、特に気になったのが、あの、 日本を代表するフランス料理人 、吉野氏のレストラン 『タテル・ヨシノ』 で、 支配人兼ディレクター・ソムリエ として活躍中の、日本の有名ソムリエのひとり、 若林英司氏 が選ぶ 『2500円見当で充分満足!』 『ブドウの品種別バリューなワイン決定版。』 という特集。 各品種ごとに、10本のお値打ちワインが紹介されていたのですが、そこで 私の目を、最も引いた のが、1本のシャルドネ種の白ワインについて語られた、このコメントでした。 若林ソムリエ曰く… デリケートな香りでありつつ、酵母っぽい力強い香りもする。 インパクト、ミネラル感、果実味のバランスがきわめていい。 奥行きがあるので、バターやクリームを使いしっかりとした味付けの料理に向いています。 (『Hanako2006年5月25日号』より抜粋) 写真の瓶を見つめながら、 『美味しそう…』 と、呟き、数日経った時、素晴らしいタイミングで、このワインを発見! 勿論、 即仕入れ ちゃいました(笑) 実はこのワイン、今やブルゴーニュ屈指の生産者として知られる、ギュファン・エナン氏の手掛ける、ヴェルジェという造り手なんです。 ヴェルジェでは、様々なクラスのブルゴーニュ産白ワインを手掛けていますが、最もお手頃なクラスのワインの質の良さが、何と言っても嬉しいところ。 そして、今回、仕入れるにあたり、このワインの お値打ち度を、更に確信する事実が発覚! 何と、ACブルゴーニュですが、 ピュリニー・モンラッシェやムルソーのブドウも使用 しているとか… タテル・ヨシノと言えば、来られるお客様のクラスも相当なもの。 普段、そんなお客様の舌を満足させるワインを知り尽くした若林氏も納得の、お値打ちブルゴーニュだけあります。 業界の一流ソムリエも納得、これぞまさに、 バリューの決定版! シャブリ キュベ ラ ビュット 2015 ヴェルジェ 白ワイン S 定番,格安
コルトン プジェ グラン クリュ 2015 ルイ ジャド 赤ワイン tp 大得価,人気
INFORMATIONNameCorton Pougets Grand Cru Domaine des Heritiers (Louis Jadot)ブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/アロース・コルトン/コルトン・プジェRegionFrance/Bourgogne/Cotes de Nuits/Aloxe Corton/Corton Pougets内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating コルトン プジェ グラン クリュ 2015 ルイ ジャド 赤ワイン tp 大得価,人気
マグナムボトル ヴォルネイ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 1500ml 赤ワイン tp S ワイン =750ml 8本と同梱可
■『リアルワインガイド62号』より抜粋■ 2.7haの畑なのに4樽しか造れなかった。これが16年だ。 香りは閉じ気味。けど、 ピュアなナチュラル感満載だ 。加えて多量のミネラルによる上質感がいい。 口に含むと液体もキュッと縮こまった状態。にも係わらず美味しいんだからまともな状態だとメチャクチャ美味しいだろうな。ピュアな果実味で、 畑のフルーツがそのままビン詰めされたような素晴らしいフレッシュさ 。もちろん複雑極まりないことは言うまでもないです。 ◆今飲んで:92+点 ◆ポテンシャル:93+点 ◆飲み頃予想:今〜2043年 (2018年4月試飲) INFORMATIONNameVolnay Rouge Domaine de Chassorneyブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ド・シャソルネイ産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ヴォルネイRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Volnay内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ドメーヌ・ド・シャソルネイ シャソルネ フレデリック・コサール コサール 『DRCと比肩!』と 評されたほどの絶品! 数が少ないので、早い者勝ち!! ブルゴーニュ好きの方ならば、このワインが、凄いワインである事、ご存じの事と思います! ワイン専門各紙でも、こんな評価をされてます♪ 【ロマネ・コンティのグラン・クリュに比肩!】 フランスのワイン評価本 『クラスマン』 において… 『彼の2000年ヴィンテージのニュイ・サン・ジョルジュ、クロ・デ・ザルジリエールは、 ロマネ・コンティ のグラン・クリュに比肩!』 と記された事でその人気に一気に火がつき、日本市場においてもフィリップ・パカレ氏のワインと並んで自然派ワイン業界の牽引者的な存在のワインとして確固たる地位を築き上げています。 最近ではフランスの『レクスプレス』誌においても 『フレデリック・コサール氏のワインは、そのテロワールを表現した 最高峰のワイン である』 と、評価されたり、さらには南部ローヌ地方の自然派の雄として知られるグラムノン社の今は亡き巨人フィリップ・ローラン氏の息子である、マキシム・ローラン氏が、現在ドメーヌ・ド・シャソルネを修行先に選んでいる事実でも、その名声が本物である事が裏付けられています。 (大橋健一氏著『自然派ワイン』よリ抜粋) 【新進のドメーヌ!】 フィリップ・パカレ と並べ称される ビオディナミ を実践している新進のドメーヌ。 本誌4号でも書いたが、ワインという農産物の昔の味がおそらくそうであったように、決して濃厚で味のはっきりしたものではなく、純粋な果実のエキスのパワーがあり、大地の自然な香りと滋味あふれる旨みと味わいのシャソルネイのワインは、その生産量の少なさからも フランス本土 はもちろん、この日本でも人気がとても高い。 (『リアルワインガイド誌』 6号より抜粋) 【冷静で化学的な目がここにある!】 『ワイン造りの根幹は、自然体でいること、ワインを信用する事だ。そして決して嘘をつかないことだ。 畑で一生懸命働けば、結果は返ってくる。 それは卓球をやるようなもの。 ワインはそれぞれ異なっている。だからそれに対応してバランスをとってやる感覚が大切だ。 農業の基本は土だ。ブドウは自分で病気だとは言わないが、悪いものは土壌から来る。 だから医者なら土壌を見て判断しなければいけない。つまり土地の解釈だ。』 フレデリックは、土地がもたらす美点を正確に読み取る感覚があり、それを実際のワインへと昇華させる技術がある。 だからこそ、彼は自分の『ワインを信用する』ことが可能となり、SO2を入れずとも、かくも純度の高い香りと味わいを生み出す。 『慎重に作業し、とても清潔にし、良い樽を使うこと』 と、曖昧さのない正統的な答え。 冷静で化学的な目がここにある。 (『ワイナート誌24号』よリ抜粋) と、大絶賛されてます。 赤・白ともに、 新樽100% を使用、栽培方法・収穫方法・醸造方法まで全て自己流と言う、独特の理念で、コサール氏のワインは生まれます。 その結果は? 彼のワインが、どれだけ評価されているか、上の記事をご覧頂いてもお分かりの通りです。 私が始めてコサール氏のワインを飲んだ時、その生命力溢れる味わいに 『凄い人がいるもんだ!』 と、やたらに印象に残りました。 一貫したスタイルがありながら、土地の土や空気感が感じられるような味わい。 一年中の殆どを、 畑の中で過ごす コサール氏だから、畑に語り、畑に語られ、その味わいをブドウが素直に表現する事が出来、彼のワインがこれほどに、飲んだ人の心を捉えて離さないんですね。 どうやら、かなり人気が上がっているらしく、段々と手に入りにくくなりそうなのが気になるところですが、やはりそれでも飲みたくなる、コサール氏のワイン、限定入荷しましたっ!! マグナムボトル ヴォルネイ 2016 ドメーヌ ド シャソルネイ 1500ml 赤ワイン tp S ワイン =750ml 8本と同梱可
シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 新品,SALE
INFORMATIONNameChablis Domaine William Fevreブドウ品種シャルドネ生産者名ウィリアム・フェーヴル産地フランス/ブルゴーニュ/シャブリRegionFrance/Bourgogne/Chablis内容量750mlWA(87 - 89)/Issue 1st Sep 2017WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating シャブリ 2016 ドメーヌ ウィリアム フェーヴル 白ワイン 新品,SALE
ブルゴーニュ ブラン キュヴェ ファミーユ 2015 ルー デュモン 白ワイン S 新作,新品
■輸入元様資料より抜粋■ 『ルー・デュモンを創業してから丸10年が経ちました。ひとつの区切りとして、ここまで一緒に頑張ってくれた家内と、家族(ファミーユ)のみんなに感謝の気持ちを捧げたい』 という思いで2008年ヴィンテージからリリースされた 特別作品 。 ワインは、 『カリテ・フランス』 の認証を受けたビオロジー(有機)栽培ぶどう100%で造られた、秀逸なAOCヴィレ・クレッセを格下げしたものです。 平均樹齢30年。収穫量30hl/ha。天然酵母のみで発酵。ステンレスタンクで17ヶ月間熟成。2015年ヴィンテージは、 活躍中の版画家・宮崎敬介氏 が手がけた 特別コラボレーションラベル です。 <「Bourgogne Blanc Cuvee Famille 2015」のラベルを手がけた、版画家・宮崎敬介氏のプロフィール> 1970年、東京都生まれ。 1991年に武蔵野美術大学在学中に独学で木口木版画を始める。南青山のピンポイントギャラリーを中心に木口木版画展を行うなど、自身の個展で木口木版画作品や切画作品を精力的に発表している。 また、 三鷹の森ジブリ美術館の展示物『びっくり劇場』のペン画 や、 同館オリジナルポストカード制作 も好評を博している。 INFORMATIONNameBourgogne Blanc Cuvee Famille Lou Dumontブドウ品種シャルドネ生産者名ルー デュモン産地フランス/ブルゴーニュRegionFrance/Bourgogne内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ブルゴーニュ ブラン キュヴェ ファミーユ 2015 ルー デュモン 白ワイン S 新作,新品
ボーヌ プルミエ クリュ レ トゥーロン 2012 ルイ ジャド ドメーヌ 赤ワイン S 大得価,人気セール
INFORMATIONNameBeaune Premier Cru Teurons Louis Jadotブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ドメーヌ・ルイ・ジャド産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ボーヌ/ボーヌ/レ トゥーロンRegionFrance/Bourgogne/Cote de Beaune/Beaune/Les Teurons内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ボーヌ プルミエ クリュ レ トゥーロン 2012 ルイ ジャド ドメーヌ 赤ワイン S 大得価,人気セール
シャンボール ミュジニー 2015 ラ プス ドール 赤ワイン 人気SALE,安い
INFORMATIONNameChambolle Musigny La Pousse d'Orブドウ品種ピノ・ノワール生産者名ラ プス ドール産地フランス/ブルゴーニュ/コート・ド・ニュイ/シャンボール・ミュジニーRegionFrance/Bourgogne/Cote de Nuits/Chambolle Musigny内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 出会って下さい! 惜しみない投資で 今、実を結んでいます! 才能豊かなジェラール・ポテル氏が手掛けていたことで知られる、ヴォルネイのプス・ドール。 氏がこの世を去り、他の所有者の手に渡ったと聞き、なんとなく、その後、飲む機会が少なくなった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もしそんな方がいらっしゃったら、 ぜひ再び、出会って下さい! 確実に、プス・ドールは 進化を続けています!! 実は私も、暫くご無沙汰したのち、試飲会などで、何度か飲んでいるうちに… 『あれ、プス・ドール。美味しい。』 と、感じたので、現地事情をよく知る人に、聞いてみました。すると… 現地事情をよく知る人に、聞いてみました 『そうなんです。実は、現オーナーは、 医療機械、とくに整形外科のビジネスで成功 したんですが、元々、ヴォーヌ・ロマネに別荘を持っているほど ワイン好き で、いつかは畑を買って、ドメーヌに、と思っていたらしいんです。 そんな折、プス・ドールの話を聞き、購入を決意するのですが、その後、 惜しみない投資 を行い、上質なワインを生み出すべく、本当に熱心に取り組んだので、それが 今、実を結んでいるんです 。』 と、言う事だったのです! そんなプス・ドールに、ぜひ、 出会って下さい!! シャンボール ミュジニー 2015 ラ プス ドール 赤ワイン 人気SALE,安い