パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト221号』より抜粋■ 2011 was a very good year in Toro, and the powerful 2011 G Pago la Jara is pure Tempranillo from five small plots of old vines totaling four hectares. It fermented in 3,000-liter oak vats with indigenous yeasts, though needed an élevage of 18 months in a combination of French barriques and 1,500-liter oak foudres to come into balance. The 2011 is very powerful , balanced, mineral, earthy and ripe -- but not overripe; it is spicy, telluric, a little mysterious and not showing the heat of the vintage. The medium-bodied palate is not as concentrated as you would expect, and the power is not provided by sheer concentration but by a strong minerality, making it very earthy. It has good balance, good acidity and fine, sophisticated tannins without the rusticity so often found in Toro . It slowly opens up in the glass with certain elegance, good depth and complexity, and it feels fresher with time in the glass. This should age with style. An elegant bull! Olé! 4,400 bottles were filled in July 2013. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃予想:2015〜2022年 INFORMATIONNamePago la Jara Telmo Rodriguezブドウ品種テンプラニーリョ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA94/Issue 30th Oct 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
マタドール ジョアン フォンクエベルタ 2012 ドミニオ ド ビベイ グテイエル セイホ 赤ワイン 定番,品質保証
紫がかった色調 で、 スモモ や 梅 、鉄っぽさを感じるクールな感じな印象を香りに抱きます。 細やかなタンニン は存在感があり、梅干しを感じさせるキュっと締まった酸味、複雑味のある余韻を、じっくりとお楽しみください。 (2018年2月9日試飲) INFORMATIONNameMatador Joan Fontcuberta Telmo Rodriguez & Dominio do Bibeiブドウ品種メンシア/ブランセリアーノ/メレンサオ生産者名ドミニオ・ド・ビベイ 産地スペイン/ガリシアRegionSpain/Galicia内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マタドール ジョアン フォンクエベルタ 2012 ドミニオ ド ビベイ グテイエル セイホ 赤ワイン 定番,品質保証
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 定番,豊富な
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 定番,豊富な
リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 送料無料,2019
INFORMATIONNamePegaso Pizarra Telmo Rodriguezブドウ品種ガルナッチャ生産者名テルモ ロドリゲス産地スペイン/カスティーリャ・イ・レオン/セブレロスRegionSpain/Castilla y Leon/Cebreros内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 送料無料,2019
パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 豊富な,新作登場
■『ワイン・アドヴォケイト221号』より抜粋■ 2011 was a very good year in Toro, and the powerful 2011 G Pago la Jara is pure Tempranillo from five small plots of old vines totaling four hectares. It fermented in 3,000-liter oak vats with indigenous yeasts, though needed an élevage of 18 months in a combination of French barriques and 1,500-liter oak foudres to come into balance. The 2011 is very powerful , balanced, mineral, earthy and ripe -- but not overripe; it is spicy, telluric, a little mysterious and not showing the heat of the vintage. The medium-bodied palate is not as concentrated as you would expect, and the power is not provided by sheer concentration but by a strong minerality, making it very earthy. It has good balance, good acidity and fine, sophisticated tannins without the rusticity so often found in Toro . It slowly opens up in the glass with certain elegance, good depth and complexity, and it feels fresher with time in the glass. This should age with style. An elegant bull! Olé! 4,400 bottles were filled in July 2013. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃予想:2015〜2022年 INFORMATIONNamePago la Jara Telmo Rodriguezブドウ品種テンプラニーリョ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA94/Issue 30th Oct 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 豊富な,新作登場
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 最新作,安い
1級に選ばれました! ティム・アトキンMWが選ぶ、 『リオハ格付け』 で、 1級 に選ばれた、テルモ・ロドリゲスのボデガス・ランサガ。 なんとこのたび、そのテルモ・ロドリゲスと相棒のパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー に輝きました! スペイン・ワインの魅力、リオハの魅力を常に追求し続けて来た、彼らの受賞には誰もが賞賛を贈っているに違いありません。 そんな、 リオハ屈指の実力派かつ、時代をリードする二人が手掛けているリオハ・ワイン が、ランサガです。 リオハの老舗ワイナリー、レメリュリを実家に持つテルモにとって、自らがリオハで醸すランサガには、特別な思い入れがある事は間違いありません。 価格的にも安定しているリオハの上質なワインは、ワイン好きが注目するに値する地域ではないでしょうか。 ならば、 まずはこの1本から お試し下さい! ■『Wine Report』より抜粋■ 英国のティム・アトキンMWが、スペイン・リオハの優良生産者を格付けした2019年のリオハ格付けを含む 「リオハ 2019 スペシャル・レポート」 を発表した。 2週間にわたる現地リサーチで、100を超す生産者を訪問し、ロンドンでも試飲し、計1100以上のワインに得点をつけた。今回で4回目。681ワインが90点以上を獲得し、102ワインが95点以上、4ワインが98点以上を得た。リオハの向上を物語っている。 ランシエゴのボデガ・ランサガのテルモ・ロドリゲスとパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。 ■『WINWE REPORT』より抜粋■ スペイン・リオハの最良生産者を格付けした 『2017年 リオハ格付け』 を含む『リオハ 2017 スペシャル・レポート』を、英国のティム・アトキンMWが発表した。 格付けは2015年版に続く第二弾で、3週間にわたって550生産者を試飲した現地取材と30年間にわたる経験に基づいている。 ボルドー1855年の格付けにならって、1−5級とクリュ・ブルジョワを選んでいる。アルトゥケ、 ボデガ・ランサガ 、コンティノ、ロダ、マルケス・デ・リスカルが 1級に昇格 した。 『一人で飲めます』 かりんのぱぱ4639様 私自身は下戸で飲めません。 友人のために購入しました。 口当たりが良く、 一人で一本あけちゃった 。との事です。 ■ワイン名(原語)/Lanzaga Vinedos Telmo Rodriguez ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ ■生産者名/テルモ・ロドリゲス ■産地/スペイン/リオハ ■内容量/750ml ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 最新作,安い
リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン
《アート×ワイン》 スペイン・ワインの革命児 、テルモ・ロドリゲス氏。 限定キュベの『ラス・ベアタス2015』が、パーカー・ポイント100点を獲得し、名実ともに スペイン・ワインのトップ生産者のひとり に仲間入り! そのテルモ氏が、アート雑誌 『マタドール』 との コラボ で、毎回違う生産者のワインをプロデュースするシリーズ、マタドールの中でも、特別な1本をご紹介します。 なんと、テルモ氏の実家であり、リオハの名門でもあるレメリュリで、 テルモ氏の父が醸したラスト・ヴィンテージ です! ほど良い熟成感も楽しめる味わい はもちろん、 ラベルもアーティスト作 、父と息子の思いの詰まったエピソード付きとくれば、 プレゼントにもピッタリ です! INFORMATIONNameMatador Juan Munoz Telmo Rodriguez & Remelluriブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ生産者名ハイメ・ロドリゲス・サリース 産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン
クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン
スペインの歴史を変えた1本! フラッグシップ『インペリアル・グラン・レセルバ1994年』は、2004年にご成婚された スペイン・フェリペ皇太子の結婚式 で供されるほど、王国からも認められたワイン。 さらに、ワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』では、スペインで初めて、 世界No.1を獲得! (2004年物) まさしく、 スペインの歴史を変えた1本なのです!! 2018年6月上旬、タカムラ・スタッフが現地に出向き、フラッグ・シップの『インペリアル』の畑を見学してきました。 インペリアルに使われるブドウは、『ビジャルバ』『ブリオネス』『トッレ・モンタルボ』の3地域の自社畑ブドウを使用。 同じ地域でも、数メートル離れたところで、砂質や粘土質といった差があり、 味わいに複雑味をもたらします 。土壌の中の石が熱を持ち、冷え込んだ夜でも、保温できるのだとか。 ゴブレ仕立ての畑には、樹齢40年以上の古木が沢山あり、なんと、1本の株から、 インペリアルに使用されるブドウは 、 たった4房! リオハ・ワインの収穫量の規制が6000kg迄に対して、インペリアルは、4000〜4500kgという、厳選された収穫量に抑えられるという徹底振り。 最良のクオリティーで収穫された ブドウは、フレンチオークの大樽で発酵、アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で24ヶ月熟成。瓶内で36ヶ月の熟成を経て、私たちの手元に届きます。 各誌も大絶賛の、インペリアル・グラン・レセルバ。 2009年が、 いい飲み頃になってます♪ INFORMATIONNameImperial Gran Reserva Cuneブドウ品種テンプラニーリョ85%、/グラシアーノ10%/マスエロ5%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アルタRegionSpain/Rioja Alta内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating クネ リオハ インペリアル グラン レセルバ 2009 赤ワイン
パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 本物保証,高品質
■『ワイン・アドヴォケイト221号』より抜粋■ 2011 was a very good year in Toro, and the powerful 2011 G Pago la Jara is pure Tempranillo from five small plots of old vines totaling four hectares. It fermented in 3,000-liter oak vats with indigenous yeasts, though needed an élevage of 18 months in a combination of French barriques and 1,500-liter oak foudres to come into balance. The 2011 is very powerful , balanced, mineral, earthy and ripe -- but not overripe; it is spicy, telluric, a little mysterious and not showing the heat of the vintage. The medium-bodied palate is not as concentrated as you would expect, and the power is not provided by sheer concentration but by a strong minerality, making it very earthy. It has good balance, good acidity and fine, sophisticated tannins without the rusticity so often found in Toro . It slowly opens up in the glass with certain elegance, good depth and complexity, and it feels fresher with time in the glass. This should age with style. An elegant bull! Olé! 4,400 bottles were filled in July 2013. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃予想:2015〜2022年 INFORMATIONNamePago la Jara Telmo Rodriguezブドウ品種テンプラニーリョ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA94/Issue 30th Oct 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 本物保証,高品質
リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン
ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,大人気
1級に選ばれました! ティム・アトキンMWが選ぶ、 『リオハ格付け』 で、 1級 に選ばれた、テルモ・ロドリゲスのボデガス・ランサガ。 なんとこのたび、そのテルモ・ロドリゲスと相棒のパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー に輝きました! スペイン・ワインの魅力、リオハの魅力を常に追求し続けて来た、彼らの受賞には誰もが賞賛を贈っているに違いありません。 そんな、 リオハ屈指の実力派かつ、時代をリードする二人が手掛けているリオハ・ワイン が、ランサガです。 リオハの老舗ワイナリー、レメリュリを実家に持つテルモにとって、自らがリオハで醸すランサガには、特別な思い入れがある事は間違いありません。 価格的にも安定しているリオハの上質なワインは、ワイン好きが注目するに値する地域ではないでしょうか。 ならば、 まずはこの1本から お試し下さい! ■『Wine Report』より抜粋■ 英国のティム・アトキンMWが、スペイン・リオハの優良生産者を格付けした2019年のリオハ格付けを含む 「リオハ 2019 スペシャル・レポート」 を発表した。 2週間にわたる現地リサーチで、100を超す生産者を訪問し、ロンドンでも試飲し、計1100以上のワインに得点をつけた。今回で4回目。681ワインが90点以上を獲得し、102ワインが95点以上、4ワインが98点以上を得た。リオハの向上を物語っている。 ランシエゴのボデガ・ランサガのテルモ・ロドリゲスとパブロ・エグスキサが、 ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。 ■『WINWE REPORT』より抜粋■ スペイン・リオハの最良生産者を格付けした 『2017年 リオハ格付け』 を含む『リオハ 2017 スペシャル・レポート』を、英国のティム・アトキンMWが発表した。 格付けは2015年版に続く第二弾で、3週間にわたって550生産者を試飲した現地取材と30年間にわたる経験に基づいている。 ボルドー1855年の格付けにならって、1−5級とクリュ・ブルジョワを選んでいる。アルトゥケ、 ボデガ・ランサガ 、コンティノ、ロダ、マルケス・デ・リスカルが 1級に昇格 した。 『一人で飲めます』 かりんのぱぱ4639様 私自身は下戸で飲めません。 友人のために購入しました。 口当たりが良く、 一人で一本あけちゃった 。との事です。 ■ワイン名(原語)/Lanzaga Vinedos Telmo Rodriguez ■ブドウ品種/テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ ■生産者名/テルモ・ロドリゲス ■産地/スペイン/リオハ ■内容量/750ml ランサガ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,大人気
パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 人気SALE,限定セール
■『ワイン・アドヴォケイト221号』より抜粋■ 2011 was a very good year in Toro, and the powerful 2011 G Pago la Jara is pure Tempranillo from five small plots of old vines totaling four hectares. It fermented in 3,000-liter oak vats with indigenous yeasts, though needed an élevage of 18 months in a combination of French barriques and 1,500-liter oak foudres to come into balance. The 2011 is very powerful , balanced, mineral, earthy and ripe -- but not overripe; it is spicy, telluric, a little mysterious and not showing the heat of the vintage. The medium-bodied palate is not as concentrated as you would expect, and the power is not provided by sheer concentration but by a strong minerality, making it very earthy. It has good balance, good acidity and fine, sophisticated tannins without the rusticity so often found in Toro . It slowly opens up in the glass with certain elegance, good depth and complexity, and it feels fresher with time in the glass. This should age with style. An elegant bull! Olé! 4,400 bottles were filled in July 2013. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃予想:2015〜2022年 INFORMATIONNamePago la Jara Telmo Rodriguezブドウ品種テンプラニーリョ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA94/Issue 30th Oct 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 人気SALE,限定セール
ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
INFORMATIONNamePegaso Pizarra Telmo Rodriguezブドウ品種ガルナッチャ生産者名テルモ ロドリゲス産地スペイン/カスティーリャ・イ・レオン/セブレロスRegionSpain/Castilla y Leon/Cebreros内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン
《アート×ワイン》 スペイン・ワインの革命児 、テルモ・ロドリゲス氏。 限定キュベの『ラス・ベアタス2015』が、パーカー・ポイント100点を獲得し、名実ともに スペイン・ワインのトップ生産者のひとり に仲間入り! そのテルモ氏が、アート雑誌 『マタドール』 との コラボ で、毎回違う生産者のワインをプロデュースするシリーズ、マタドールの中でも、特別な1本をご紹介します。 なんと、テルモ氏の実家であり、リオハの名門でもあるレメリュリで、 テルモ氏の父が醸したラスト・ヴィンテージ です! ほど良い熟成感も楽しめる味わい はもちろん、 ラベルもアーティスト作 、父と息子の思いの詰まったエピソード付きとくれば、 プレゼントにもピッタリ です! INFORMATIONNameMatador Juan Munoz Telmo Rodriguez & Remelluriブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ生産者名ハイメ・ロドリゲス・サリース 産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン
ヌマンシア 2005 赤ワイン S
全米が選んだ第2位! 『ワイン・スペクテイター誌』 2009年間第2位! あの、タカムラの、超ロング・ヒット・ワイン《エストラテゴ・レアル》のエグーレン・ファミリーが手がける、 ヌマンシア が、堂々、2009年の年間 《第2位》 にランクイン! 毎年、高得点を獲得しているヌマンシアですが、遂に、年間 《第2位》 の快挙を達成! ワイン・スペクテイター誌の評価をもう少し詳しく読んでみると… 【専門誌の評価】 禁欲的な面もありながら、 うっとりさせるような魅力 を備えた、このパワフルな赤ワインは、濃く、タニックでありながら、ブルーベリーやミネラル、海鮮醤、黒鉛のニュアンスが、中心部にあり、 凝縮しつつもピュアさ を感じさせる。 今はやや単調に感じるが、深みがあり、バランスが取れている。 モダンでありながら、本来あるべき姿を感じさせる。 ◆ワイン・スペクテイター誌評:96点 ◆飲み頃予想:2012年以降 (ワイン・スペクテイター・オンライン より抜粋) と、さすがに、2009年度の 《第2位》 に輝いただけあって、かなり 充実した味わい に仕上がっています! 《第2位》 に輝いたのは、嬉しい反面、世界的な反響が凄いみたいです! そんな訳で… 入荷数は、非常に少ないですが、 名誉ある1本 を、是非、在庫のあるうちに入手して下さい!! ダークチェリーやプラム、 イチジクの赤ワイン煮 、スパイス、スモーク、 少し艶のある鉄分 などの鉱物的ニュアンスが、しっかりと密度を感じさせつつ、エレガントに香ります。 味わいにも、香りの印象と同様、艶やかで凝縮感があながらも、 イキイキとした魅力とエレガントさ が、重たさを感じさせず、滑らかに喉を通り、徐々にその味わいに広がりを見せてくれます。 12年の熟成を経て調和がより生まれつつ、まだまだフレッシュさも感じられるのはさすがです! (2018年3月22日試飲) INFORMATIONNameNumanthiaブドウ品種ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)生産者名ボデガ・ヌマンシア・テルメス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 発売直後12時間で506本っ! この大・大絶賛コメント が、 世界中のワインを知り、世界中のワイン・マーケットに影響を与える、 あの世界を動かすワイン評論家が、僅か977円のワインに送った言葉だと 思い浮かべる方は、まずいらっしゃらないでしょう。 でも、本当なんです! 実際、千円前半で手に入るワインが、彼をここまで虜にしてしまったのです!!そのワインとは、彗星のように出現、スペイン国内ワイン専門誌『vins gastronomie』にて、 あのスペインの至宝 ウニコより高い評価を獲得! 一躍スターダムに上り詰め、その輝きの衰えを見せない、ヌマンシアを手掛けた、醸造家マルコス・エグーレン氏の手掛ける、お手頃ワインが、この、「エストラテゴ・レアル」なのです! 上のパーカー氏の評価は、このワインの別名(アメリカでリリースされている名前)「プロトコロ」に、今までに送ったコメントですが、格付けを変えて出すため、キュベ名は違うものの、実際は「エストラテゴ・レアル」と全く同じキュベだという事は、ワイナリーからもコメントされているとか。 スペイン国内では「エストラテゴ・レアル」でリリースしているそうです。そんな訳で、アメリカでは既に大ブレイク状態のこのワイン。 日本でも今、知る人ぞ知る、超お値打ちワインとして浸透中、大ブレイク間近な予感です♪実は、先日のモクヨン・セットで、このワインの美味しさを1人でも多くのお客様に知って頂こうと、アイテムに加えたのですが、実際、モクヨンの試飲の際にも、スタッフの間で 『えっ、値段、間違ってない?』 『これ、予算大丈夫なの?』 『うそっ…、絶対、単品販売決定!!』 と、大盛り上がり♪ そして早速、お飲み頂いたお客様から『あれ、相当旨いですね。単品販売しないんですか?』 と、案の定、お問い合わせ頂きました♪ 既に、敏感なお客様にはバレはじめています(笑)一流の造り手が、お手頃ワインを手掛けることは多々ありますが、このワインは、その中でも飛び抜けたコスト・パフォーマンスの持ち主です。 チョコやモカ、スパイスの香りが深く豊かで、充分な赤と黒果実の中に、ほろ苦さが全体を引き締めつつ、バランスの良さに、全てが一体となって、スムースに喉を通ります。 最近、マス・ケ・ヴィノスやイゲルエラ、バラホンダなど、続々スペイン・ワインから、突出した品質と、お値打ちのものをご紹介する機会が増えていますが、ここでまた、甲乙付けがたいほどのお値打ちの一本が登場するとは、予想外の嬉しさです。 『年に約6,000種の高級ワインを試飲するが、こんなには感動しない!』 プロの評論家に、ここまで言わせて、僅か977円って、あり!? ヌマンシア 2005 赤ワイン S
M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 得価,最新作
■商品説明文について■ 下記の商品説明文は、2007年ヴィンテージのものになります。 ファースト・クラス搭載! 今や、航空会社にとって、機内でサービスするワイン選びは、航空会社の評判を左右する、とても 大事 なもの。 そんな訳で、各社、その選考にも、かなり力を入れているようですが、そんなひとつ、ANAのワイン選びも、かなりの念の入れよう。 なんと、2012年の搭載ワインを選ぶのに、エントリーされた数は 1859銘柄! 書類選考を通過した258銘柄から、 ブラインドテイスティング により高得点を獲得したワインがファーストクラス・ビジネスクラスワインとして選ばれたそうです。 しかも、選考メンバーには、あの、日本で初めて、 マスター・オブ・ワイン となった、ネッド・グッドウィン氏も参加という、気合いの入れようです。 そんな中で、見事、ファースト・クラスに選ばれるワインは、 ごく僅か。 そんじょそこらのコンクールよりも 狭き門 であることは、想像に難くありません。 しかも、お出しする相手は、ファーストクラスに搭乗する、 VIP! ちなみに、日本〜パリのファーストクラス往復航空運賃を調べたところ、1人 250万 ほどしました(汗)。(2012年7月初旬時点) そんな、マスター・オブ・ワインも認め、VIPを満足させちゃうワイン、 飲んでみたいですよね! で、ちょっと調べてみたら、 シャンパンはクリュッグ、 その他も、 1万円前後 のものが大半…(^^;) そんな中、あの生産者のワインを 発見! スペインの革命児、テルモ・ロドリゲスのワインが、2012年度、ヨーロッパ&米国路線の… 『ファースト・クラスに選ばれていました♪』 スペイン・ワインの今を語るに欠かせない人物、テルモ・ロドリゲス氏。老舗に生まれながらも、チャレンジを恐れず、そのセンスと努力で、世界にスペイン・ワインの魅力を発信した人物です。 その証拠に、先日、ベテラン・ワイン・ジャーナリストの方とお話していた際、他のスペイン・ワインの話だったにも関わらず、結局最後は、 テルモの話になったほど(笑) そんなテルモ・ロドリゲスが、リベラ・デル・ドゥエロで手掛けるのが、見事、 ANAファースト・クラス搭載ワイン となった、M2(エメ・ドス)です! しかも、今回ご紹介するヴィンテージ2007年が、 まさに、空を飛ぶんです♪ 250万払って、ファースト・クラスに乗らずとも、 同じワイン が飲めちゃうんですから、 コレは飲まない手はありません! 是非、お早めに!! 【ブドウ品種】テンプラニーリョ100% 『より洗練された味わい』monogusa_ari様 このボトルも美味しい。 これまで 何時どこで飲んでもハズレのなかった エメドスですが、今回のボトルも とても美味しくて満足 できました。 ペスケラよりやや強気な根付けですが、 より洗練された味わい で十分にその分の価値はあると思います。 M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 得価,最新作
パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 全国無料,限定SALE
■『ワイン・アドヴォケイト221号』より抜粋■ 2011 was a very good year in Toro, and the powerful 2011 G Pago la Jara is pure Tempranillo from five small plots of old vines totaling four hectares. It fermented in 3,000-liter oak vats with indigenous yeasts, though needed an élevage of 18 months in a combination of French barriques and 1,500-liter oak foudres to come into balance. The 2011 is very powerful , balanced, mineral, earthy and ripe -- but not overripe; it is spicy, telluric, a little mysterious and not showing the heat of the vintage. The medium-bodied palate is not as concentrated as you would expect, and the power is not provided by sheer concentration but by a strong minerality, making it very earthy. It has good balance, good acidity and fine, sophisticated tannins without the rusticity so often found in Toro . It slowly opens up in the glass with certain elegance, good depth and complexity, and it feels fresher with time in the glass. This should age with style. An elegant bull! Olé! 4,400 bottles were filled in July 2013. ◆パーカーポイント:94点 ◆飲み頃予想:2015〜2022年 INFORMATIONNamePago la Jara Telmo Rodriguezブドウ品種テンプラニーリョ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA94/Issue 30th Oct 2015WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating パゴ ラ ハラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 全国無料,限定SALE
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン
リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 最安値,低価
■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 最安値,低価
マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 低価,限定SALE
《アート×ワイン》 スペイン・ワインの革命児 、テルモ・ロドリゲス氏。 限定キュベの『ラス・ベアタス2015』が、パーカー・ポイント100点を獲得し、名実ともに スペイン・ワインのトップ生産者のひとり に仲間入り! そのテルモ氏が、アート雑誌 『マタドール』 との コラボ で、毎回違う生産者のワインをプロデュースするシリーズ、マタドールの中でも、特別な1本をご紹介します。 なんと、テルモ氏の実家であり、リオハの名門でもあるレメリュリで、 テルモ氏の父が醸したラスト・ヴィンテージ です! ほど良い熟成感も楽しめる味わい はもちろん、 ラベルもアーティスト作 、父と息子の思いの詰まったエピソード付きとくれば、 プレゼントにもピッタリ です! INFORMATIONNameMatador Juan Munoz Telmo Rodriguez & Remelluriブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ生産者名ハイメ・ロドリゲス・サリース 産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 低価,限定SALE
マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 赤字超特価,100%新品
《アート×ワイン》 スペイン・ワインの革命児 、テルモ・ロドリゲス氏。 限定キュベの『ラス・ベアタス2015』が、パーカー・ポイント100点を獲得し、名実ともに スペイン・ワインのトップ生産者のひとり に仲間入り! そのテルモ氏が、アート雑誌 『マタドール』 との コラボ で、毎回違う生産者のワインをプロデュースするシリーズ、マタドールの中でも、特別な1本をご紹介します。 なんと、テルモ氏の実家であり、リオハの名門でもあるレメリュリで、 テルモ氏の父が醸したラスト・ヴィンテージ です! ほど良い熟成感も楽しめる味わい はもちろん、 ラベルもアーティスト作 、父と息子の思いの詰まったエピソード付きとくれば、 プレゼントにもピッタリ です! INFORMATIONNameMatador Juan Munoz Telmo Rodriguez & Remelluriブドウ品種テンプラニーリョ/ガルナッチャ/グラシアーノ生産者名ハイメ・ロドリゲス・サリース 産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating マタドール フアン ムニョス 2009 レメリュリ ハイメ ロドリゲス サリース 赤ワイン 赤字超特価,100%新品
ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン お得,定番人気
INFORMATIONNamePegaso Pizarra Telmo Rodriguezブドウ品種ガルナッチャ生産者名テルモ ロドリゲス産地スペイン/カスティーリャ・イ・レオン/セブレロスRegionSpain/Castilla y Leon/Cebreros内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating ペガソ ピサーラ 2011 テルモ ロドリゲス 赤ワイン お得,定番人気
モノポール クラシコ 2014 クネ 白ワイン
復刻版! リリースして100年! 1915年から生産している、スペイン初の白ワイン・ブランド『モノポール』。 マンサニーリャ(シェリー) を加えたスタイルは、リオハ伝統製法。 このたび、『モノポール・クラシコ』として、 復刻版で登場です! 伝統製法を知っている方が減っていく中、1950年代に活躍していた方を、呼んできて伝授されたとか。 アロマティックで、 柑橘系の爽やかな香り に溢れ、果実味豊かで、酸味と塩味が、 日本の食材とも相性がよさそう 。 限定数量での生産 。 ラベルもカッコイイ! いつまでも飲めないので、 今のうちに、絶対、飲んで頂きたいです 。 INFORMATIONNameMonopole Clasico Cuneブドウ品種ビウラ主体生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アルタRegionSpain/Rioja Alta内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating BSジャパン 辰巳琢郎の葡萄酒浪漫 モノポール クラシコ 2014 クネ 白ワイン
M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 超激得,格安
■商品説明文について■ 下記の商品説明文は、2007年ヴィンテージのものになります。 ファースト・クラス搭載! 今や、航空会社にとって、機内でサービスするワイン選びは、航空会社の評判を左右する、とても 大事 なもの。 そんな訳で、各社、その選考にも、かなり力を入れているようですが、そんなひとつ、ANAのワイン選びも、かなりの念の入れよう。 なんと、2012年の搭載ワインを選ぶのに、エントリーされた数は 1859銘柄! 書類選考を通過した258銘柄から、 ブラインドテイスティング により高得点を獲得したワインがファーストクラス・ビジネスクラスワインとして選ばれたそうです。 しかも、選考メンバーには、あの、日本で初めて、 マスター・オブ・ワイン となった、ネッド・グッドウィン氏も参加という、気合いの入れようです。 そんな中で、見事、ファースト・クラスに選ばれるワインは、 ごく僅か。 そんじょそこらのコンクールよりも 狭き門 であることは、想像に難くありません。 しかも、お出しする相手は、ファーストクラスに搭乗する、 VIP! ちなみに、日本〜パリのファーストクラス往復航空運賃を調べたところ、1人 250万 ほどしました(汗)。(2012年7月初旬時点) そんな、マスター・オブ・ワインも認め、VIPを満足させちゃうワイン、 飲んでみたいですよね! で、ちょっと調べてみたら、 シャンパンはクリュッグ、 その他も、 1万円前後 のものが大半…(^^;) そんな中、あの生産者のワインを 発見! スペインの革命児、テルモ・ロドリゲスのワインが、2012年度、ヨーロッパ&米国路線の… 『ファースト・クラスに選ばれていました♪』 スペイン・ワインの今を語るに欠かせない人物、テルモ・ロドリゲス氏。老舗に生まれながらも、チャレンジを恐れず、そのセンスと努力で、世界にスペイン・ワインの魅力を発信した人物です。 その証拠に、先日、ベテラン・ワイン・ジャーナリストの方とお話していた際、他のスペイン・ワインの話だったにも関わらず、結局最後は、 テルモの話になったほど(笑) そんなテルモ・ロドリゲスが、リベラ・デル・ドゥエロで手掛けるのが、見事、 ANAファースト・クラス搭載ワイン となった、M2(エメ・ドス)です! しかも、今回ご紹介するヴィンテージ2007年が、 まさに、空を飛ぶんです♪ 250万払って、ファースト・クラスに乗らずとも、 同じワイン が飲めちゃうんですから、 コレは飲まない手はありません! 是非、お早めに!! 【ブドウ品種】テンプラニーリョ100% 『より洗練された味わい』monogusa_ari様 このボトルも美味しい。 これまで 何時どこで飲んでもハズレのなかった エメドスですが、今回のボトルも とても美味しくて満足 できました。 ペスケラよりやや強気な根付けですが、 より洗練された味わい で十分にその分の価値はあると思います。 M2 エメドス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 超激得,格安
送料無料 アルメリ キャンティ 2016 12本セット 赤ワイン 同梱不可 送料無料 代引き手数料 クール便は別途費用が掛かります
※下記ヴィンテージ2012年の記事です。 衝撃価格!送料無料! 12本セット! イタリアきっての有名赤ワイン 、『キャンティ』。 沢山の輸入元様に、色々なキャンティをご案内頂くのですが、タカムラには… 驚異の698円! リピート続出の旨安キャンティ という信じられないほど お得なキャンティ があるのです(^_^)v そう、これに勝るキャンティは、滅多に出てこないのです。 人気のあまり、欠品期間が度々発生してしまいます が、見た目も高級感あるボトルは、ちょっとしたお客様や、プレゼントにも最適♪ 程よい飲み応えとバランスの良さは、 食卓のベスト・パートナー! 驚異の698円です! まとめ買いが、【送料無料】で、お得です♪ 『プラス1000円以上の価値』かおめいぽん様 評価が高いけど、あんまり安いのでおそるおそる飲んでみたら、 すごっくおいしい です! プラス1000円以上の価値 があるとおもいます。 テーブルワインとしては コストパフォーマンスが最高 ですので、 次はダース で購入しようと思ってます。 『杞憂でした。』永田閣下様 割安なワインで心配でしたが 杞憂でした。 大変 美味しい ワインに 感激 しています。 『キャンティがこのお値段』魔王の肉球様 キャンティが このお値段。 お味も濃すぎず薄すぎず、 適度なこく がありマイルドで とても美味しい です。 すでに 何度かリピ してます。 『ちゃんとキアンティ』hakka07様 くせがなく 気軽 に飲める, ちゃんとキアンティ です. このお値段なら 大満足 ,もっと買っておけば良かった〜 『中身が全然高級!』idex様 スーパーやコンビニで売っている値段と同じだが中身が 全然高級! デイリーワインとして 最高 です。 渋みの無く安ワインの酸っぱさもないので とても飲みやすく 美味しいです。 常温で飲むのが良いのかもしれませんが、夏なので 少し冷やして 飲んでます。 美味しい です。 INFORMATIONNameArmeli Chiantiブドウ品種サンジョヴェーゼ主体生産者名アルメリ ファミリー ヴィンヤード産地イタリア/トスカーナRegionItaly/Toscana内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating 半額以上商品 送料無料 アルメリ キャンティ 2016 12本セット 赤ワイン 同梱不可 送料無料 代引き手数料 クール便は別途費用が掛かります
コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン
絶滅危機を救った! 元々補助品種として使用されてきた 『グラシアーノ』 。 栽培が難しく、採算性も悪いため、 絶滅危機 にさらされていたところ、スペインで初めて100%で作ったのが、コンティノと言われてます。 なんと… 『年間平均生産量6000本!』 決して安くはないですが、 超貴重な、グラシアーノ100% のワインが、ここにあります! 『ワイン・アドヴォケイト誌 91点!』 (#226.31st Aug 2016) 濃縮した 真紫の色 にも注目! 飲みごたえたっぷり で、現地で食べた ラムチョップ と相乗効果で旨さ倍増してました! 伝統を守り、この土地ならではの、土壌とブドウのポテンシャルを、拘りとともに成長しているコンティノは、 今後の活躍にも期待です! INFORMATIONNameContino Gracianoブドウ品種グラシアーノ100%生産者名クネ産地スペイン/リオハ・アラベサRegionSpain/Rioja Alavesa内容量750mlWA91/Issue 31st Aug 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating コンティノ グラシアーノ 2012 コンティノ クネ 赤ワイン
リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,2019
■『ワイン・アドヴォケイト235号』より抜粋■ The third new single-vineyard bottling is the 2014 La Estrada, produced from mostly Tempranillo and Graciano grapes from a 0.64-hectare plot planted in the 1930s called La Estrada Alta. The vines are at the top of a northeast-facing slope at 610 meters in altitude on pure limestone clay that has always produced pure, deep and balanced wines and was always part of the Altos de Lanzaga cuvée. It fermented in an open 3,000-kilogram oak vat with indigenous yeasts and matured in oak foudres for 14 to 16 months. This is a very fresh plot with more Tempranillo than Garnacha , and it produces a very elegant and fine wine , which was the backbone of the Altos de Lanzaga bottling from the past. 1,289 bottles were filled in July 2016. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2018〜2018年 INFORMATIONNameRioja La Estrada Bodegas Lanzaga (Telmo Rodriguez)ブドウ品種テンプラニーリョ生産者名ボデガス・ランサガ(テルモ・ロドリゲス)産地スペイン/リオハRegionSpain/Rioja内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2018WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating リオハ ラ エストラーダ 2014 ボデガス ランサガ テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大得価,2019
オリジナル袋付き アラバスタ 2013 テソラ モンハ 赤ワイン tp 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT
95点! スペイン初のパーカー・ポイント100点を獲得した、テルマンシア2004。 そのワインを手掛けた、 エグーレン家 が『ティンタ・デ・トロのエレガンス』の魅力を引き出すため、 名声を得たテルマンシアを捨て、新たに生み出した のが、トロ地方で手掛ける、テソラ・モンハのアラバスタです。 そのアラバスタ2012年物が、『ワイン・エンスージアスト誌』が2016年に評価したスペイン・ワインの中で… ◆『最高の97点を獲得!』 ◆『BEST OF YEAR 2016』に選出! との朗報が入りました!! ◇ 収量はなんと9hl/ha! テルマンシア2004と同様の少なさ! (現在、彼の手を離れたテルマンシアの収量は3〜4倍だそうです。) ◇テソラ・モンハのブドウは、平均樹齢50年以上、 古いものでは130年以上の古樹! 今回入荷した、2013年物も、負けず劣らずの… 《95点獲得》! 最高を極めた彼らが辿り着いた 『ティンタ・デ・トロのエレガンス』 を味わって下さい!! 葡萄品種:ティンタ・デ・トロ100% 仕立て:ゴブレ 樹齢:125-135年 自根葡萄 収量:9Hl/Ha ※上記は『2012』ヴィンテージについての記述です。 INFORMATIONNameAlabaster Teso La Monjaブドウ品種ティンタ・デ・トロ生産者名テソ・ラ・モンハ産地スペイン/トロRegionSpain/Toro内容量750mlWA95/Issue 1st Mar 2017WS94/Issue Oct 15, 2016※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating オリジナル袋付き アラバスタ 2013 テソラ モンハ 赤ワイン tp 驚きの破格値,驚きの破格値,HOT
アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大人気,格安
■『ワイン・アドヴォケイト224号』より抜粋■ I also tasted the 2013 As Caborcas, as the 2012 is already sold out at the winery and they have launched the next vintage. 2013 was a cool, rather difficult and late harvest vintage. It produced lighter, more ethereal wines . This sloped old vineyard from the Bibei was planted with a multitude of grapes, red and white, Mencía, Merenzao, Sousón, Garnacha Tintorera, Godello, Brancellao… The vines were planted some 80 years ago and the terraced slope is located at 550 to 600 meters altitude, and the soils are very poor and of granitic origin. The wine fermented in a combination of open top oak vats and stainless steel tanks with indigenous yeasts, and matured in large oak foudres for some 15 months. It has low alcohol (12.5%) and even if it feels fresh, the actual acidity is not that high. The color is a bright ruby, lighter than the 2012 or the Falcoeira, and the nose is extremely perfumed and fragrant, mixing notes of violets, wild strawberries and acid berries with great freshness, subtleness and elegance . The palate is light to medium-bodied, insinuating rather than in-your-face, with very fine tannins, focused, pure flavors and great freshness . An elegant red Valdeorras that has more in common with the reds from Ribeira Sacra than the other reds from the appellation. Grab it while you can! 2,469 bottles produced. ◆パーカーポイント:95点 ◆飲み頃予想:2016〜2022年 ■輸入元様資料より抜粋■ バルデオラスはガリシア州の内陸部に位置し、大西洋性と大陸性気候の影響を受けています。 比較的冷涼かつ湿潤で、木々が鬱蒼と生い茂る山々が続きます。ブドウ畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式で、ひとつひとつの区画は大きくても20株、小さなものでは数株のものまであります。風化して砂上になった花崗岩土壌にはバルデオラスの固有品種、白はゴデーリョ、赤はメンシアが植えられています。 畑作業がとても手間がかかることから近年まで畑は減少し続け、危機に瀕していたこの二つの品種、テルモはその潜在力にいち早く気づきこの地でのワイン造りをスタートさせました。 そして今やテルモに続けと、数多くの若手の生産者が集まり、スペインのみならず世界中から注目される生産地と品種の一つとなりました。 ゴデーリョは心地よい フローラルな香り が品よく漂い、 清らかな酸と少しオイリーなニュアンス が特長的。 メンシアは ベリー系の涼やかな香りが心地よく 、穏やかなタンニンと酸、 つややかな果実味 が特長的です。冷涼な気候の下で大事に育てられたこれらのワインには、他の地域にはない涼しさと透明感、そしてエレガンスがあります。 なお、メンシアは少し前まではサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路とともにロワールから持ち込まれたカベルネ・フランの亜種ではないかとも考えられていました。DNA鑑定によりそうではないことが判明はしましたが、冷涼さ、エレガンスという点においては共通点があるのではないでしょうか。 また、ガバ・メンシアは漫画『ソムリエール』で20倍以上もの価格のエルミタージュ(奇しくもJ.L.シャーブ)と 間違えられたという逸話 を持つワインです。 過酷な挑戦 シャートーマルゴーの1/10の価格で、収穫量も1/10それなのに労働力は5倍。畑はシル川沿いにそびえ立つ渓谷に拓かれた数十段ものテラス式。 滑り落ちそうな急斜面で植えられた葡萄。このワインはアス・カボールカスという単一畑で造られたワイン。 スペインを代表し、歴史に残すワインを造るため、テルモの挑戦は今も続いています 。 INFORMATIONNameAs Caborcas Telmo Rodriguezブドウ品種メンシア/メレンサオ/ソウソン/ガルナッチャ生産者名テルモ・ロドリゲス産地スペイン/ガリシア/バルデオラスRegionSpain/Galicia/Valdeorras内容量750mlWA95/Issue 28th Apr 2016WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating アス カボルカス 2013 テルモ ロドリゲス 赤ワイン 大人気,格安